スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>それでもNISAを使うなら?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2016/12/09

それでもNISAを使うなら?

arrow TOP運用方針>それでもNISAを使うなら?


かに
「ここで再びNISAの話だが」
セバスチャン
「まだ何かあるのかニャ? NISAは恒久化の道を断たれたから、もう使わんっちゅー結論じゃなかったかニャ?」
かに
「それなのだが、少々考え直してな」
アリア
「考え直した?」
かに
「うむ。先日話した通り、NISAには5年、積立NISAには20年という非課税の期限が設けられている」
アリア
「うん。それは聞きましたし、覚えてます」
かに
「で、期限が来たときに買値を下回っていた場合、売却時に本来不要な税金が発生する。これがNISAの構造的欠陥だ」
アリア
「……うん? 例えばどんな時に税金が発生するんですか?」
かに
「例えば、一単元100万円の株を1株、NISA口座で投資したとしよう。で、期限が切れた時、株価が40万円に値下がりしていたとする」
アリア
「ふむふむ」
かに
「期限が切れた株はNISA口座から特定口座に移されるのだが、この時、特定口座での買値は40万円になってしまう。元々は100万円で買った株なのに、だ」
アリア
「……ほうほう」
かに
「そして、株価が100万円まで戻した時にこの株を売却すると、買値が40万円なので、60万円もの売却益と、それに伴う12万円もの税金が発生してしまう」
アリア
「……はいはい」
かに
「この12万円の税金は、NISAを使わず、ずっと特定口座で運用していれば発生しない。買値100万円の株式の株価が、100万円⇒40万円⇒100万円と、下がって戻しただけだからな」
アリア
「……ははぁ」
かに
「このように、特定口座で運用していれば発生しない税金が、NISA口座を使うと発生してしまう可能性がある。これがNISAの構造的欠陥のメカニズムだ。分かったか?」
アリア
「全っ然、さっぱりです♪」
かに
「……人にさんざん説明させといて、理解するのを諦めやがったな?(怒)」
アリア
「ま、まあまあ。それで、何を考え直したんです?」
かに
「あー、つまりだ。このNISAの構造的欠陥は、資産を売却した時のみ発生する訳だ」
アリア
「……そうなんですか?」
シオン
「そうなりますね」
セバスチャン
「でも、普通は買ったもんは売る訳だから、いずれは発生する問題じゃないかニャ?」
かに
「いんや、そうとも限らん。何故なら、吾輩の投資における最重要ファクターは【配当】だからだ」
セバスチャン
「……あー、確かに配当なら、売らなくても金が転がり込んでくるニャ」
アリア
「え? ひょっとして、ずっと株を売らないって話をしてます?」
かに
「その通りだ。吾輩の投資方針は『バイ&フォーエバーで配当再投資』と『目指せ配当生活』だから、そもそも売却という行為は発生しない」
アリア
「……つまり、NISAの欠陥も問題にならない?」
かに
「そういうことだ」
シオン
「少々お待ちを。確かに、先輩の投資方針は売却が限りなく発生しないと思います。しかし、全く発生しない訳ではありません」
かに
「なぬ? 例えばどんな時だ?」
シオン
「大きく分けて2つあります。まず1つは、投資している銘柄が減配、または無配になってしまった時」
かに
「そ、それは確かに売却条件だな……。もう1つは?」
シオン
「投資している企業が倒産してしまった時です」
メルル
「まあ。それは大変ですわ」
かに
「……それ、売る売らないとかの問題じゃ無くないか?」
シオン
「倒産してしまえばその通りですが、倒産目前の情報が入れば売却するでしょう?」
かに
「た、確かに……(汗)」
シオン
「しかも、これが特定口座に移行後であれば、確定損として損益通算と損失繰り越しに活用出来ますが、まかり間違ってNISA口座で投資中に倒産となると、目も当てられません」
かに
「そ、その場合は?」
シオン
「丸損です」
アリア
「わー。それって大変じゃないですか?」
かに
「すっげえ大変だわい! ……うーむ、NISAとはやはり恐ろしい口座だな(汗)」
シオン
「まあ、先輩が投資している銘柄は、倒産や減配の可能性が世界で最も低い部類なので、過度な心配は不要だとは思いますが……」
かに
「そ、そうだよな!(パァァァ)」
シオン
「ただし、その可能性はゼロでは無いことを考慮しておく必要はあるでしょう」
かに
「そ、そうだよな……(シオシオシオ)」
セバスチャン
「元気になったり萎れたり、忙しいニャ~」
かに
「うーむ。となると、やはりNISAを使うのは止めておくか?」
シオン
「過度な不安に怯えて、せっかくの非課税枠を使わないのも不合理です。ここは、極力倒産と減配の可能性の低い銘柄に絞って投資するべきかと」
かに
「……そうさな。後は高配当であればなお良しだが。しかし銘柄選定はどうする?」
シオン
「難しいところですね……。規模で言えばエクソン・モービル、配当で言えばフィリップモリス、安定性で言えばP&Gやコカ・コーラなどでしょうか」
かに
「……どれも鉄板銘柄だが、不安がゼロかと言えば嘘になるな。うーむ……(悩)」
シオン
「さて……(悩)」



セバスチャン



「いい感じに煮詰まってるニャ~」
メルル
「長くなりそうですし、お茶を淹れてまいりますわ」
アリア
「……えーっと、先生、かにさん」
シオン
「どうしました?」
アリア
「これって、ETFが使えませんか? HDV(iShares Core High Dividend ETF)とか、ありましたよね?」
かに
「……」
シオン
「……」
アリア
「あ、あれ? なんか私、ズレたこと言いました?(汗)」
かに
「…………そ」
アリア
「そ?」
かに
「それだアリア嬢! ナイスアイデアァァァァ!!!」

がばちょっ(抱き着き)

アリア
「っきぁぁぁぁぁっ!!!」

グワガキーーーンッ(ハンマーフルスイング)

かに
「おごわぁぁぁぁぁ!?」

ヒューーー…………ドサッ

かに
(ぴくぴくぴく)
セバスチャン
「おー、久々のハンマーツッコミだニャ~」
アリア
「きゅ、急に何するんですかっ!!!(顔真っ赤)」
かに
「(がばっ)こっちのセリフじゃボケェェェッ!」
シオン
「しかしアリア。先輩の言う通り、素晴らしいアイデアです。お手柄でしたね(頭なでなで)」
アリア
「そ、そうですか? えへへ、良かったです♪(テレテレ)」
かに
「そして何だその扱いの差は! 吾輩は断固抗議するぞっ!」
セバスチャン
「ま、今のは仕方ないってもんだニャ~」
かに
「ち、まあいい。兎に角、NISA口座でHDVを、というのはナイスアイデアだ。HDVなら配当は高めに保たれるし、減配した銘柄は自動的に排除してくれるからな」
シオン
「何より、ETFであれば潰れる心配はありませんからね」
メルル
「あと、確かETFはNISA口座であれば買い付け手数料が無料になったはずですわ(by SBI証券)」
かに
「おお、それは渡りに船だな。では、来年からNISA口座にはHDVをぶち込むとしよう」
シオン
「そうですね。これでNISA口座もフルに活用出来るようになるでしょう」
アリア
「これにて一件落着、ですね♪」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/118-04b4c78c


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。