スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>高配当株に再び買い場到来か!?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2016/12/15

高配当株に再び買い場到来か!?

arrow TOP雑記>高配当株に再び買い場到来か!?


シオン
「……という訳で、12月のFOMCでは政策金利を0.25%引き上げ、0.50~0.75%にすると発表されました」
かに
「ま、予想通りだな」
セバスチャン
「市場は利上げを100%織り込んでたもんニャ~」
シオン
「それに関してはその通りです。問題はFOMCのここからの出方ですね」
アリア
「出方?」
シオン
「はっきり言ってしまえば、来年は何回利上げを行うつもりなのか、です」
かに
「で、どうだった? 2回か? それとも3回か?」
シオン
「予測中央値は3回でした」
かに
「そうか! 3回か!(小さくガッツポーズ)」
アリア
「……2回と3回で、何か違うんですか?」
かに
「3回利上げとなれば、吾輩が狙っている生活必需品セクターの株価が下がるからな」
アリア
「……なんで?」
かに
「生活必需品セクターに代表される高配当株は、債券の代用品という側面があるからだ」
アリア
「???」
シオン
「そうですね……。高配当株は、文字通り高い配当を貰える株式です。さて、この株式を求める人とは、どのような人でしょう?」
アリア
「それは……配当が欲しい人?」
シオン
「その通りです。しかし、安定した配当が欲しいのであれば、債券の金利でもいいと思いませんか?」
アリア
「思う! すっごく思います!」
シオン
「そうですよね? しかし先輩のように、これまでは債券よりも高配当株に投資する人が多い状態でした。これはどうしてでしょう?」
アリア
「ん~~~……高配当株の方が儲かるから、とか?」
シオン
「その通り。これまでは異例の低金利が続いていたため、債券利回りは高配当株に比べて、かなり低い状態だったのです」
アリア
「へー。……ん? 金利? だった? ということは……」
シオン
「はい。今回の利上げにより債券価格が下落し、相対的に債券利回りが上昇しました。つまり?」
アリア
「債券が高配当株に勝てるようになった!」
シオン
「はい、その通りです。そのため、今まで高配当株に流れていた資金が債券に流れ、結果として高配当株の株価が下落する訳ですね」
アリア
「なーるほどー。先生、ありがとうございます!」
シオン
「いえいえ。家庭教師としてこれくらいは当然のことです(微笑)」



セバスチャン



「流石はシオン、説明が上手いニャ~」
かに
「……吾輩が言ってることと変わらんのに、なぜこうも理解度が違うのだ?(不満げ)」
セバスチャン
「旦那さんは結論しか言ってないからニャ」
メルル
「ご主人様は当然のように知っていることでも、知らない方には過程を説明しませんと伝わりませんわ」
かに
「むう、そういうものか」
アリア
「それで、実際に生活必需品セクターの株価は下がったんですか?」
メルル
「はい。昨日の【Non-Cyclical Consumer Goods & Services】、つまり生活必需品セクター指数は-0.73%でした。ただ、S&P500指数は-0.81%でしたわ」
かに
「若干、S&P500の方が値下がりしたか……」
シオン
「まあ、債券利回りの上昇とそれに伴う債券への資金流入は、株式全体の株価を引き下げますからね」
かに
「ふむ……。どうだシオン。ここからガッと生活必需品セクターは下げると思うか?」
シオン
「市場が3回の利上げを完全に織り込めば」
かに
「やはりそれ次第か。ま、少しずつ資金を投入しつつ、今晩も様子を見てみるか」
シオン
「それが宜しいかと」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/121-920cfcc5


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。