スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>米マクドナルドが中国事業を切り離し


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2017/01/10

米マクドナルドが中国事業を切り離し

arrow TOP雑記>米マクドナルドが中国事業を切り離し


メルル
「ご主人様。投資しているマクドナルド(MCD)に関して、このようなニュースが届きました」
かに
「なに? ……ほほう、【マクドナルド中国事業、CITICが買収発表】か」
アリア
「それってどういうことです?」
かに
「マクドナルドが、中国に展開する2600以上の店舗込みで、経営権を中国企業に売却するそうだ」
シオン
「どうやら、マクドナルドは中国事業を切り離しにかかったようですね」
アリア
「それって、いいことなんですか? それとも悪いこと?」
シオン
「それは分かりません。中国市場は人口の伸びと共に、今後も需要が拡大するマーケットのはずですが」
アリア
「そうですよね。なんで売っちゃうんでしょう?」
セバスチャン
「中国は以前、賞味期限切れの鶏肉で物議を醸したからじゃないかニャ?」
かに
「その可能性はあるだろうな。はっきり言って、中国に対する食の信頼性は限りなく低い」
アリア
「確かに、ウチでも最近は中国産の食べ物は買わないようにしてます」
メルル
「他にも、中国資本の外食チェーンとの競争が激化していた、との情報も記載されていますわ」
かに
「ほほう」
メルル
「また、新しい運営会社を作るとのことですが、そのうち20%の株式をマクドナルドが所有するとも書かれています」
かに
「ふむ。マクドナルドとしても、中国という広大なマーッケット全てを手放すつもりはないということか」
シオン
「逆に言えば、中国市場への関与はその20%で十分、という判断のようですね」
かに
「そういうことだな。しかし、もし中国事業の切り離しが採算性の悪さから来ているのなら、日本マクドナルドもうかうかしてられんだろうな」
セバスチャン
「そうなのかニャ?」
かに
「ああ。何せ日本マクドナルドは去年一昨年と大幅な赤字、ROEは驚異の-27.3%だ」
セバスチャン
「そりゃ酷いニャ~」
アリア
「ちなみに、このニュースで何か投資の方針に変更はあるんですか?」
かに
「全くない。逆に、悪い部分は早めに切り離して、採算性の良い事業だけに注力してくれるのは、株主として大歓迎である」
アリア
「成程~」
セバスチャン
「じゃあ、株主として日本マクドナルドの扱いはどうするべきかニャ?」
かに
「……元日本マクドナルドのアルバイターとして、ノーコメントとさせて貰う」
アリア
「わ、かにさんが口を濁すなんて珍し~」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/127-6b63a2aa


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。