スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>投資のお勉強12 ~運用方針の実例~


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/05/01

投資のお勉強12 ~運用方針の実例~

arrow TOP投資のお勉強>投資のお勉強12 ~運用方針の実例~


■運用方針例


シオン
「では、運用方針の決定手順と投資方法を一通り学んだところで、実際に先輩の運用方針を決めていきましょうか」
アリア
「ですって、かにさん」
かに
「ちょ、ちょっと待て! 吾輩の運用方針を決める前に、一つくらい実例が聞きたいぞ!」
シオン
「実例、ですか?」
アリア
「またそんな無茶言って」
かに
「仕方なかろう! 少しくらい実例が無いと決めるに決めんわ!」
メルル
「ではシオン様。確定拠出年金の運用方針を例にするのは如何でしょうか?」
シオン
「そうですね。それで宜しいですか?」
かに
「うむうむ。それで頼むわい」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■運用方針決定例:レベル1


シオン
「では最初に資産配分(ポートフォリオ)ですね」
かに
「株式100%! ……な訳無いか」
シオン
「当たり前です(冷)」
セバスチャン
「まあ、まずは聞かせてくれだニャ」
シオン
「はい。先輩の年齢は30代後半と、まだまだ投資期間が長いので、リスクを大きく取れると考えました」
かに
「ふむ」
シオン
「さらに、ポートフォリオ全体の損失を最大でも40%以内に抑えることを目標とします」
かに
「40%……。それでも結構高いが、まあ耐えれる範疇だな」
シオン
「株式100%の時の最大損失率を7割として計算した結果、ポートフォリオは株式60%、債券40%に決定しました」
かに
「こうやってポートフォリオを決めるのか。うむ、参考になったぞ! ただ……」
アリア
「ただ?」
かに
「もっとこう、簡単な決め方は無いもんかね?」
アリア
「……そうですね。ちょっと難しいかも」
セバスチャン
「そうだニャ~。リスクとか許容度とかを考えないといけないんだもんニャ」
シオン
「ありますよ(アッサリ)」
かに
「あるんかい! ならそっちを教えとけよ!」
シオン
「正式な決め方を知っているからこそ、簡単な決め方が生きるのですよ」
かに
「……そーゆーもんかね」
シオン
「そういうものです」
アリア
「それで先生、簡単な決め方って?」
シオン
「インデックスファンドの創始者とも言われるジョン・ボーグル氏が提唱する、『年齢と同じ割合で債券を保有する』です」
かに
「年齢と? ってことは、吾輩は30代後半だから……」
シオン
「大まかに、株式60%、債券40%になりますね」
アリア
「……それだけ?」
シオン
「はい」
アリア
「……ホントに簡単ですね」
メルル
「……本当に」
シオン
「しかし、簡単ですが意外と的確な割合になるのですよ。実際、正式な決め方と一致しているでしょう?」
かに
「おう、言われてみれば」
シオン
「実際には、どちらの決め方でも構いません。重要なのは、リスクを認識した上で、株式と債券に分散投資することですから」
かに
「……ちなみに、リスクを取る覚悟があれば、債券の割合を減らしてもいいんだよな?」
シオン
「勿論です」
かに
「ふーむ。どうしたものかなぁ……(考え中)」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■運用方針決定例:レベル2&レベル3


シオン
「では次は、株式と債券の国別の配分ですね。とは言え、これは考えるまでもありませんでしたが」
かに
「あーっと、時価総額通りってヤツか」
シオン
「はい。ただし分かり易さを重視して10%刻みにしているので、実際の時価総額比率とは多少異なります」
かに
「そこはそんなにカッチリした数字じゃなくても良いってことだな」
シオン
「そうですね。さらに、それら全てをインデックスファンドで投資しています」
アリア
「全部パッシブ運用ですね♪」
セバスチャン
「一気にレベル3まで終わっちまったニャ」
かに
「まあ、これはそうだと思ってたけどな」
メルル
「では、簡単に表にまとめておきますわね」


割合 投資方法
10% 国内株式インデックスファンド
40% 先進国株式インデックスファンド
10% 新興国株式インデックスファンド
30% 国内債券インデックスファンド
10% 新興国債券インデックスファンド


かに
「で、ドル・コスト平均法を使って、この配分通りで月々投資していく訳か」
シオン
「はい。さらに株式と債券の投資金額比率が±5%変動したら、リバランスを行うことにしています」
かに
「成程なぁ」
アリア
「(じー)……あれ~?」
かに
「どうした?」
アリア
「いや、何か……ひーのふーの……うん、やっぱり一つ足りないような?」
かに
「あん? (じー)……そう言われると、先進国債券が無いな」
メルル
「あら、そうですね。私、書き忘れましたかしら?」
シオン
「いえ。先進国債券は、リターンに比べて為替リスクが大きいため投資していません。代わりに、国内債券の配分を上げています」
セバスチャン
「ニャ? そういうのはアリなのかニャ?」
シオン
「ポートフォリオの配分内であれば、ある程度のカスタマイズは構わないと考えています。ただし……」
アリア
「リスクを認識した上で、ですよね?」
シオン
「その通りです(満足気)」
かに
「ちなみに、他にはどういったカスタムが考えられるんだ?」
シオン
「そうですね……。新興国の配分を増やして、リスクと共にリターンの向上を図る、などでしょうか」
かに
「成程。色々考えられそうだな」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■最後に


シオン
「では、この運用方針の実例を以って、勉強会を終わることにしましょうか」
アリア
「はーい♪」
メルル
「皆様、お疲れさまでした」
セバスチャン
「いよいよ次は、旦那さんの運用方針を決める段だニャ~」
かに
「ええい、分かってるわ! ……どうしたもんかのう」


■今回のポイント
 ・資産配分は『年齢と同じ割合で債券を保有』が簡単的確。
 ・株式と債券の中身は、リスクを認識した上ならカスタム可。


投資のお勉強メニュー
1 さあ投資を始めよう
2 投資の定義
3 投資の目的
4 貯金と投資
5 インフレとデフレ
6 分散投資こそ投資の理想形
7 運用方針の決定①
8 運用方針の決定②
9 運用方針の決定③
10 運用方針の決定④
11 ドル・コスト平均法とリバランス
12 運用方針の実例
13 個別株式に投資するなら①
14 個別株式に投資するなら②
15 個別株式に投資するなら③




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/13-df48d8cf


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。