スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>追加銘柄を発掘せよ 【製薬その3】


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2017/01/22

追加銘柄を発掘せよ 【製薬その3】

arrow TOP運用方針>追加銘柄を発掘せよ 【製薬その3】


セバスチャン
「追加銘柄を探せシリーズ、今日は製薬の3回目だニャ~」
アリア
「3回も続いちゃいましたけど、製薬の回は今日で終了ですよね?」
かに
「うむ。……今回、シオンとメルルの説明で、製薬に関しては大分理解が進んだ。お陰で、今までとは違った目線で製薬というビジネスを見ることが出来るようになった」
シオン
「それは何よりです」
メルル
「恐縮ですわ」
かに
「うむ。それを踏まえた上での結論だが……やはり製薬ビジネスには投資しない」
アリア
「えー!? 3回も引っ張ったのに!?」
セバスチャン
「しかもメルルとシオンの説明が無駄になっちまうニャ!」
かに
「まあ待て。今から、その理由を説明するでな」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■製薬ビジネスに投資しない理由【改】


かに
「今まで吾輩は、『製薬ビジネス=新薬が開発できるかどうかの博打』と考え、製薬への投資を避けていたが、これは間違いだということが分かった」
セバスチャン
「メルルとシオンのお陰だニャ~」
かに
「うむ。製薬にも色んなビジネスがあり、各社は様々な形で、新薬創出とその特許切れに対処しているのだな」
アリア
「それでも製薬には投資しないんですか?」
かに
「そうだ。そしてその理由だが……メルル?」
メルル
「了解しました」


ファイザーPF遷移
メルクPF遷移
アブビーPF遷移



アリア
「これって……この前も見た、製薬会社のキャッシュフロー(CF)のグラフですよね?」
かに
「うむ。で、この3つと次のグラフを比べてみてくれ」


ジョンソン&ジョンソンPF遷移


アリア
「このグラフは?」
かに
「ヘルスケアセクター最大の時価総額にして、吾輩のポートフォリオで唯一のヘルスケア銘柄、ジョンソン&ジョンソン【JNJ】のCFを示したものだ」
アリア
「ふーん。……前の3つに比べて綺麗なグラフですね」
かに
「それだアリア嬢!」
アリア
「ふぁ、ふぁい!?」
かに
「今、何て言った?」
アリア
「え、えーっと、なんかこう、ジョンソン&ジョンソンのグラフの方が、なだらかで綺麗だな~、って」
かに
「うむうむ。アリア嬢の言う通り、ジョンソン&ジョンソンのグラフはなだらかな右肩上がりだ。これは即ち、事業と配当の安定性を示す」
アリア
「それは何となく分かりますけど……」
セバスチャン
「とどのつまり、何が言いたいのかニャ?」
かに
「つまり、製薬ビジネスはフリーCFが不安定、かつ減少傾向にあるため、減配のリスクがある」
アリア
「ふむふむ」
かに
「僅かばかりの配当アップのために減配リスクを冒すよりは、超安定のジョンソン&ジョンソンに資金を集中した方が、配当株投資としては望ましい。……吾輩はそう結論付けたのだ」
アリア
「……え? それって、結局今まで通りってこと?」
かに
「そーとも言う」
セバスチャン
「……その理屈は分かるニャ。でも、ホントにジョンソン&ジョンソンには、ヘルスケアを全て背負う器があるのかニャ?」
かに
「それに関しては……シオン」
シオン
「了解しました。では、ジョンソン&ジョンソンの売上内訳をご覧ください」


ジョンソン&ジョンソン売上内訳


シオン
「このように、ジョンソン&ジョンソンには一般消費者向け、医薬品、医療機器の3部門があり、バランスの取れた構成になっています」
セバスチャン
「確かにバランスは取れてるニャ~」
シオン
「そして特筆すべきは、各部門の規模です。医薬品部門は現在、世界シェア7位で、しかも年々順位を上げています」
セバスチャン
「ほうほうだニャ」
シオン
「さらに医療機器部門の世界シェアは、2位以下に大きく差を付けた1位となってます」
アリア
「おー」
かに
「さらにこれが止めだが、ジョンソン&ジョンソンは現在、52年連続増配中の配当王だ。配当貴族すら少ないヘルスケア銘柄で、配当王の名を冠するのはジョンソン&ジョンソン一社のみ!」
シオン
「しかも現在の配当利回りは2.8%。過去5年平均の3.02%と比べるとやや割高ですが、十分高配当の範疇です」
セバスチャン
「オッケーだニャ。文句の付けどころがないほど完璧だってことが分かったニャ」
かに
「うむ。という訳で、ヘルスケア銘柄はジョンソン&ジョンソン一本で行くことにした。場合によっては、他セクターの2社分の資金をつぎ込んでもいい」
セバスチャン
「そりゃまた随分と惚れ込んだもんだニャ~」
アリア
「でも、結局は振り出しに戻る、って感じですね」
かに
「そんなことは無い。製薬ビジネスの理解はかなり深まったからな。つまり今まで以上の確固たる方針で投資しないと決定できた。これは大きな進歩だ」
アリア
「……成程。確かにその通りです♪」
かに
「しかも幸いなことに、トランプ大統領の発言で、ヘルスケアセクター全体が値さがり気味だ。ここ数年来の買い場が訪れるかもしれん」
メルル
「では、ジョンソン&ジョンソンに関しては株価の推移を注視いたします。また、配当利回りが3%を超える$106に指値を仕掛けます」
かに
「そうしてくれ。さーて、大きく値下がりしてくれよ」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/141-e61ff914


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。