スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>投資のお勉強11 ~ドル・コスト平均法とリバランス~


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/05/01

投資のお勉強11 ~ドル・コスト平均法とリバランス~

arrow TOP投資のお勉強>投資のお勉強11 ~ドル・コスト平均法とリバランス~


■ドル・コスト平均法


シオン
「運用方針が決まったら、次は実際に資金を投資する方法についてです」
かに
「おう、それは大事だな。いくら計画を立てても、実際に投資できなけきゃ『画に描いた餅』だ」
シオン
「ではここで問題です。効果的にリスクを減らす投資方法として、どのような方法があるでしょうか?」

かにアリアセバスチャン
(がしっと円陣)

シオン
「……この円陣も、大分見慣れてきましたねぇ」
メルル
「そうですわね」




かに




「(ひそひそ)……これは確か、『ウォール街のランダム・ウォーカー』に載ってたヤツだよな?」
アリア
「(ひそひそ)……間違い無い……と思います」
セバスチャン
「(ひそひそ)……右に同意だニャ」




シオン




「では、答えをお願いします」
アリア
「はい! 答えは『ドル・コスト平均法』です!」
セバスチャン
「これは、一定の金額を、一定の期間ごとに、同じ投資対象に投資し続ける方法だニャ!」
シオン
「はい、正解です。ドル・コスト平均法を使えば、平均取得額を下げて、その分多くの口数を……」
かに
「待った!」
シオン
「……もっと簡単簡潔に、ですか?」
かに
「分かってるなら最初からそうしてくれ」

アリアセバスチャン
(大きく頷き)

シオン
「……では、簡単な表にしてみましょう」


基準価額
口数投資
ドル・コスト平均法
10,000
10,000円投資
⇒10,000口
10,000円投資
⇒10,000口
8,000
8,000円投資
⇒8,000口
10,000円投資
⇒12,500口
7,000
7,000円投資
⇒7,000口
10,000円投資
⇒14,285口
9,000
9,000円投資
⇒9,000口
10,000円投資
⇒11,111口
13,000
13,000円投資
⇒13,000口
10,000円投資
⇒7,692口
11,000
11,000円投資
⇒11,000口
10,000円投資
⇒9,090口
12,000
12,000円投資
⇒12,000口
10,000円投資
⇒8,333口

投資総額
70,000円
70,000円
総口数
70,000口
73,011口
平均取得額
10,000
9,587


シオン
「ある投資信託の基準価格に対して、口数での買い付けと、ドル・コスト平均法による買い付けの結果を表しています」
アリア
「???」
メルル
「ああ、アリア様がパニックに……(おろおろ)」
シオン
「……これでも難しかったですか」
アリア
「そそそそんなことナイですヨ!?」
セバスチャン
「これはダメだニャ」
アリア
「ううう、数字は苦手です……(涙目)」
シオン
「兎に角、ドル・コスト平均法を使えば、口数単位で投資するよりも平均取得額が下がり、その分多くの口数を得られる訳です」
かに
「ふーむ、数字のマジックだなこれは」
セバスチャン
「どんな時でも有効なのかニャ?」
シオン
「いえ。一貫して基準価格が上がり続けた場合は、最初に全額……この例だと70,000円を投資した方が有利となります。しかし……」
かに
「一貫して上がり続けるかどうかなんぞ、その時は分からんもんな」
セバスチャン
「逆に、ドカっと投資してから一貫して下がり続けたら涙目確定だニャ」
シオン
「はい。ですのでドル・コスト平均法は、そのような買付タイミングによるリスクを効果的に減らす、優れた投資法と言えます」
アリア
「ふむふむ」
かに
「……分かったような顔で頷いてるが、実際の所はチンプンカンプンだな?」
アリア
「そそそそんなことナイもんですヨ!?」
シオン
(ため息)



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■リバランス


シオン
「先ほど言った通り、資金を投資する時はドル・コスト平均法により、一定期間ごと、一定額で投資するのがお勧めです」
かに
「ふむ」
シオン
「しかし、投資した後はどうでしょう?」
かに
「……ふむ?」
シオン
「投資した後は、何もしなくても良いのでしょうか?」
かに
「ちょ、ちょっと待て! ……何かあったか?」
アリア
「あった気がします。けど……何でしたっけ?」

かにアリア
「うーん……(首捻り)」

セバスチャン
「あーっと、多分それ、『リバランス』じゃないかニャ?」

かにアリア
「リバランス?」

セバスチャン
「そうだニャ。確か、ポートフォリオが元々決めてた比率からズレてきたら、それを比率通りに戻すことだったニャ」
かに
「ほうほう。言われてみれば、確かにそんなことが書いてあった気がするな」
セバスチャン
「だニャ? ニャフフフ、ワシの記憶力もまだまだ衰えは無いニャ~♪(得意気)」
アリア
「……でも、そのリバランスは何のためにするの?」
セバスチャン
「……ニャ?」
アリア
「何かメリットがあるから、するんだよね?」
かに
「そりゃそうだな。ほれセバスチャン。お前の灰色の脳細胞から、リバランスのメリットを検索しろ」
セバスチャン
「そ、そんなこと言われてもだニャ~(困)」
シオン
「……はい、そこまで。リバランスに関しては少々複雑なので、私から説明しましょう」
セバスチャン
「(ほっ)そうしてくれだニャ~」
シオン
「例えば、ポートフォリオを株式60%、債券40%と決めて投資していたとします」
かに
「ふむ」
シオン
「しかしその後、好景気により株式が値上がりし、ポートフォリオの内訳が株式70%、債券30%になってしまいました」
かに
「株式が値上がりしたということは、ポートフォリオ全体として利益が出たってことだろ? ならいいではないか」
シオン
「はい。しかし、元々のポートフォリオからは、大分比率がズレてしまいましたよね?」
セバスチャン
「株式は60%⇒70%に、債券は40%⇒30%にズレてるもんニャ」
シオン
「株式が70%ということは、当初決めていたリスク許容度よりも、リスクが大きくなっている訳です」
かに
「……うむ、確かに」
シオン
「ですので、株式を10%売って、その売却金で債券を10%買い、比率とリスク許容度を元に戻すのです」
かに
「……つまりリバランスとは、ポートフォリオのリスク許容度を一定に保つために行う訳か」
シオン
「それが目的の一つとなります」
アリア
「一つ?」
シオン
「リバランスにはもう一つ、重要な目的があります。それは『安く買って高く売る』ことにより、リターンの向上を図ることです」
かに
「安く買って高く売る……。うむ、良い言葉だな。投資とは、かくありたいものだ」
セバスチャン
「安く買って高く売るようにリバランスするっちゅーことかニャ?」
シオン
「いえ。リバランスすれば、自動的に安く買って高く売る、ということを自然に実行できるのです」
アリア
「???」
メルル
「ああ、アリア嬢がまた目を回されておりますわ(おろおろ)」
シオン
「アリア。先ほどは好景気により株式が値上がりして、株式の割合が60%から70%になったと、そう言いましたよね?」
アリア
「は、はい」
シオン
「その時、リバランスによって株式を10%売るということは、株式が高い時に売る、ということになります」
アリア
「……そうですね」
シオン
「では逆に、不景気で株式が値下がりし、株式の割合が60%が50%になってしまったとしましょう」
アリア
「えーっと、株式が減っちゃったんですよね?」
シオン
「はい。この時、株式は高い時でしょうか? それとも安い時でしょうか?」
アリア
「値下がりしたから安い時です!」
シオン
「その通り。ですから、その場合は債券を10%売って、そのお金で、安い時の株式を購入するのです」
アリア
「そっか! それがリバランスなんですね!」
セバスチャン
「おお、アリア嬢ちゃんにも理解できたみたいだニャ」
アリア
「先生のお陰ですっ♪」
かに
「そりゃ、あれだけ懇切丁寧に説明されればなぁ」
シオン
「兎に角、投資した後は定期的にリバランスを行うことで、リスク許容度を保つと共に、リターンの向上を図れる訳ですね」
かに
「ドル・コスト平均法で投資して、投資した後はリバランスする、と。うむ覚えた、覚えたぞ!」


■今回のポイント
 ・ドル・コスト平均法は、効果的にリスクを減らす。
 ・リバランスは、リスク許容度を一定に保つ効果がある。
 ・リバランスは『安く買って高く売る』を自動実行する。


投資のお勉強メニュー
1 さあ投資を始めよう
2 投資の定義
3 投資の目的
4 貯金と投資
5 インフレとデフレ
6 分散投資こそ投資の理想形
7 運用方針の決定①
8 運用方針の決定②
9 運用方針の決定③
10 運用方針の決定④
11 ドル・コスト平均法とリバランス
12 運用方針の実例
13 個別株式に投資するなら①
14 個別株式に投資するなら②
15 個別株式に投資するなら③




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/15-4ba372cb


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。