スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>10年、20年と個別銘柄に投資するためのマイポリシー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2017/02/02

10年、20年と個別銘柄に投資するためのマイポリシー

arrow TOP運用方針>10年、20年と個別銘柄に投資するためのマイポリシー


かに
「喜べ皆の衆! ついに追加銘柄が1つ決まったぞ!」
アリア
「え? 何にしたんです?」
かに
「ずばり、ケロッグ【K】だ!」
アリア
「……食べたら美味しかったんですね、コーンフレーク」




かに
「うむ、昔ながらの味で大変美味だった! あと、最近一押しっぽいオールブランも食ってみたが、これもまた美味だった!」




アリア
「へー(興味なし)」
かに
「という訳で、吾輩はケロッグに投資すると共に、昼飯をコーンフレークかオールブランにしようと思う。勿論、3時のおやつはプリングルズだ!」
アリア
「えーっと、かにさん? 前から言ってますけど、その会社が売ってるモノが気に入れば投資、気に入らないなら投資しないって基準、変じゃないですか?」
かに
「何も変では無いぞ。それどころか、これは吾輩の長期投資のための鉄則であり、マイポリシーだ」
アリア
「でも、その会社に投資して成功するかどうかは、かにさんの好みじゃなくって、世の中に広く受け入れられるかどうか、でしょ?」
かに
「ん~。アリア嬢、それは論点が違う」
アリア
「へ?」
かに
「アリア嬢が言ってることは、銘柄選定の時点でクリアしているべきだ。何故なら、それはその会社のビジネスの永続性を示すのだからな。分かるか?」
アリア
「えーっと、はい、ここまでは」
かに
「で、吾輩のポリシーとは、銘柄選定した後、さらに吾輩自身が気に入った商品を取り扱う会社にのみ投資するってことなのだ」
アリア
「そこが理解できないんですけど……。その商品が世間一般に受け入れられるってことは、もう判断済みなんですよね?」
かに
「うむ」
アリア
「じゃあ何で、その後さらにかにさんの好みでふるいを掛ける必要があるんです?」
かに
「そうさな……。例えば、【ポンチョコレマタ】という会社があったとしよう」
アリア
「ポ、ポンチョ?」
かに
「ポンチョコレマタの業績は素晴らしく、さらに多額の配当も出している。配当利回りも増配実績も申し分ない。財務的には完璧だ」
アリア
「はぁ……。それで?」
かに
「さて、このポンチョコレマタという会社に投資してもいいものだろうか?」
アリア
「会社の成績がいいなら、投資してもいいと思いますけど……」
かに
「ふむふむ。では、ある日突然、ポンチョコメマタの株価が急落した。アリア嬢は、これを好機と追加投資できるか?」
アリア
「えぇ!? え、えーっと……な、何で下がっちゃったんですか?」
かに
「ポンチョコレマタを代表する商品、【サルノコシカケ改】の売上が落ちたからだ」
アリア
「何ですかそのふざけた名前の商品! そんな訳も分からないモノを作ってる会社に追加投資なんて出来ませんよ!」
かに
「そう、それだ」
アリア
「…………はい?」
かに
「その会社の財務表を読んで、数字上の業績が良いからと投資することは出来るだろう」
アリア
「……はい」
かに
「しかし、配当株投資で成功するためには、例えその会社の株価が暴落しても、配当再投資を続ける必要がある」
セバスチャン
「過去のアルトリア【MO】(旧フィリップモリス)のように、だニャ?」
かに
「うむ。アルトリアが1957-2002年の間に叩き出した、年率19.75%という規格外のリターンは、相次ぐ訴訟で倒産寸前、株価が地に落ちても再投資を続けたという前提あってのものだ」
アリア
「うーん。そこまでその会社を信じて投資する必要がある、ってことですね?」
かに
「そうだ。だが、その会社を信じると言っても、何を元に信じればいいだろうか?」
アリア
「へ? ……しゃ、社長さんの人柄、とか?」
かに
「一投資家が社長に直接会って話せれば、それでも構わんがな」
アリア
「うぅ……。じゃ、じゃあどうするんです?」
かに
「その会社の商品を信じる。それが吾輩の結論だ。この商品なら、株価が暴落しても需要は絶対に無くならない。需要が無くならなければ、その会社は再起できる、とな」
アリア
「……信じるためには、その商品を好きでなければならない?」
かに
「そうだ。好きでもないものを信じるってのは難しいだろ? それでなくても、その会社とその商品とは今後10年、20年と付き合ってくのだからな」
アリア
「……確かに」
メルル
「好きであればこそ、その会社がどのような危機に陥ろうと、信じて何十年も投資出来るのですね」
かに
「うむ。だから吾輩は財務的な数字以上に、その会社の商品に拘る。好きな商品を扱っている会社にのみ投資するのだよ」
アリア
「……何となくですけど、かにさんの言ってることが分かりました」
かに
「うむうむ。良きかな良きかな」
シオン
「確かに、今投資している会社は、先輩が好きそうな商品ばかりを扱っていますね」
かに
「だろう? P&Gのジレットは長年愛用しているし、ユニリーバのリプトンとコカコーラのコークは毎日のように飲んでる」
セバスチャン
「ディアジオのジョニ黒とゼネラルミルズのハーゲンダッツもよく飲み食いしてるニャ~」
かに
「さらにマクドナルドのテリヤキマックは大好物だし、ジョンソン&ジョンソンのバンドエイドには息子がよくお世話になっとるな」
アリア
「そっかー。……あれ? じゃあエクソンは?」
かに
「……毎日ガソリンを作ってくれて感謝してます」
アリア
「……なんか急にこじつけ感が(ジト目)」
かに
「い、いーんだよ! エクソンは純粋に好きな企業なんだよ!(汗)」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/154-ddab61ed


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。