スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>投資のお勉強14 ~個別株式に投資するなら②~


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/05/03

投資のお勉強14 ~個別株式に投資するなら②~

arrow TOP投資のお勉強>投資のお勉強14 ~個別株式に投資するなら②~


■株式はアクティブ運用


セバスチャン
「……個別株式、かニャ?」
かに
「うむ」
アリア
「え? ……それって、アクティブ運用なんじゃ?」
かに
「そーとも言う」
アリア
「えーーー!? アクティブ運用はパッシブ運用に勝てないって、あんなに勉強してきたじゃないですか!」
セバスチャン
「そーだニャ! 何でわざわざ茨の道を歩くんだニャ!?」
かに
「いや待て! 吾輩とてパッシブ運用、即ちインデックスファンドの有用性は十分理解したつもりだ!」
アリア
「じゃーなんで!?」
メルル
「理由をお聞かせ頂けますか?」
かに
「うむ」

ウォール街のランダム・ウォーカー ―株式投資の不滅の真理
敗者のゲーム―金融危機を超えて<原著第5版>
株式投資 第4版
億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

かに
「今まで読んできたこれらの本の多くは、パッシブ運用とインデックスファンドの有用性を説いてる訳だ」
セバスチャン
「そーだったニャ」
かに
「しかし吾輩が最も感銘を受けたのは、まず第一にジュレミー・シーゲルのD-I-V指針」
メルル
「配当(Dividend)、国際(International)、バリュエーション(Valuation)に注目した投資法ですね」
かに
「そして第二に、ウォーレン・バフェットの個別銘柄選択術だ」
アリア
「んー、確かに面白そうな内容でしたけど」
かに
「だろう!?(身乗り出し)」
アリア
「わあ!?」
かに
「将来性ある銘柄を自分で探し出す楽しみ! それが狙い通りに成長するだろうかというワクワク感!」
アリア
「分かりました! 分かりましたから身を乗り出さないで下さい!」
かに
「(無視)そしてその銘柄がインデックスを超える成長を見せた時は、一体どれ程喜ばしいことだろうか! 吾輩、大・興・奮っ!」
セバスチャン
「力説だニャ~」
アリア
「……ひょっとして、これがバートン・マルキールさんが言ってた『山っ気のある人』?」
メルル
「山っ気とは、『運頼みで思い切った行動をしようとする心』という意味ですが……」
アリア
「……まさに、かにさんのためにあるような言葉だね(ため息)」
シオン
「……先輩」
かに
「おう?」
シオン
「本気で個別株式への投資を考えているのですね?」
かに
「うむ。ついてはシオン、お前にも知恵を貸してもらいたい」
シオン
「そのためには、幾つかの質問に答えて頂きたいのですが、宜しいですか?」
かに
「おう、何でも来いだ」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■個別株式の選び方


シオン
「まず最初に、どのような個別株式に投資するか、その方針は立てていらっしゃいますか?」
かに
「うむ。それなのだが、ちとジュレミー・シーゲルとウォーレン・バフェットが提唱している個別株式投資法をまとめてみた」


ジュレミー・シーゲル流投資法
■投資スタイル
・バリュエーションを重視し、PER(株価収益率)が低い時に投資する。
・投資した株式を永続的に保有する。
・得られる配当を再投資し続ける。
■投資するべき銘柄
・品質の高い消費者ブランド力を持つ銘柄。
・持続可能なキャッシュフローを生成し、それを配当として還元する銘柄。
・実際の増益率より、投資家の増益期待値が低い銘柄。(低PER)
・配当利回りが高く、配当増配に努める銘柄。(高配当)
■避けるべき銘柄
・投資家が高成長を期待している銘柄。


ウォーレン・バフェット流投資法
■投資スタイル
・相場全体の調整や暴落などの好機に投資する。
・投資した株式を永続的に保有する。
■投資するべき銘柄
消費者独占力の強い事業を持つ銘柄。
・EPS(一株当たり利益)が安定して成長している銘柄。
・ROE(株主資本利益率)が高い銘柄。
・自社株買戻しに積極的な銘柄。
■避けるべき銘柄
・投資家に人気がある銘柄。
・コモディティ(値段が全て)型の事業を持つ銘柄。


シオン
「これは……良く調べてありますね」
かに
「だろう!?」
メルル
「それにしても……こうして並べて見てみますと、お二方とも同じことを仰られているような?」
かに
「(ぐるりん)だろう!?」
セバスチャン
「いいからちょっと落ち着くニャ(呆)」
かに
「(無視)そう! 吾輩は気付いたのだ! シーゲルとバフェットが、実は同じことを言っているということにっ!」
アリア
「へー」
かに
「……感動が薄いぞアリア嬢。これは吾輩的には世紀の大発見なのだぞ?」
アリア
「そんなことより私としては、かにさんがさっきからシーゲルさんとバフェットさんを呼び捨てにしてることの方が気になります」
セバスチャン
「二人ともスゴい人なんだニャ?」
かに
「吾輩なりに親しみを込めてるんだよ」
シオン
「まあまあ。それより、詳しい話をお聞かせ願えますか?」
かに
「うむ。まずシーゲルとバフェットの投資スタイルは、『バイ&ホールド(買ったらずっと保有)』という点で一致している」
メルル
「そのようですわね」
かに
「そしてそのために、『持続的に成長する銘柄』を『なるべく安い時に投資する』必要がある、としている訳だ」
アリア
「ふむふむ」
かに
「だが問題は、『持続的に成長する銘柄』をどう選ぶか、という点だ」
セバスチャン
「それが分かれば苦労は無いもんニャ~」
かに
「否!」
セバスチャン
「ニャ?」
かに
「その判断材料をシーゲル&バフェットは提唱している! それが即ち『消費者独占力(消費者ブランド力)』だっ!」
アリア
「シーゲル&バフェットって……」
セバスチャン
「方々から苦情がきそうだニャ~」
かに
「注目すべきはそこでは無い!」
シオン
「消費者独占力……呼んで字の如く、消費者を独占するだけの力を持った商品やサービスのことですね」
かに
「そうだ。この消費者独占力を持つ企業ならば持続的に成長する可能性が高いと、シーゲル&バフェットは説いているのだ!」
アリア
「だーかーらー」
セバスチャン
「もうすっかりシーゲル&バフェットで定着の兆しだニャ」
かに
「で、シーゲル&バフェットの投資法を元に、吾輩独自の個別株式投資方針をまとめてみたぞ」


かにマジン流 個別株式投資方針
■投資スタイル
・相場全体の調整や暴落などの好機に投資する。
・投資した株式はバイ&ホールド
・得られる配当を再投資し続ける。
■投資するべき銘柄
消費者独占力の強い事業を持つ銘柄。
・配当利回りが高く、配当増配に努める銘柄。
・EPS(一株当たり利益)が安定して成長している銘柄。
・ROE(株主資本利益率)が高い銘柄。
■避けるべき銘柄
・投資家が高成長を期待している銘柄。
・コモディティ(値段が全て)型の事業を持つ銘柄。


シオン
「……成程。これはかなり明確な方針ですね」
かに
「だろう?(胸張り)」
セバスチャン
「シーゲル&バフェットの良いトコ取りだけどニャ」
かに
「喧しい」


■今回のポイント
 ・個別株式に投資するなら消費者独占力のある銘柄が良い。


投資のお勉強メニュー
1 さあ投資を始めよう
2 投資の定義
3 投資の目的
4 貯金と投資
5 インフレとデフレ
6 分散投資こそ投資の理想形
7 運用方針の決定①
8 運用方針の決定②
9 運用方針の決定③
10 運用方針の決定④
11 ドル・コスト平均法とリバランス
12 運用方針の実例
13 個別株式に投資するなら①
14 個別株式に投資するなら②
15 個別株式に投資するなら③




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/17-54fa779d


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。