スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>日本たばこ産業(2914)の格付け 2014/5/9


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/05/08

日本たばこ産業(2914)の格付け 2014/5/9

arrow TOP株式格付け>日本たばこ産業(2914)の格付け 2014/5/9


■日本たばこ産業(2914)の格付け


かに
「ふーむ。次はどこの株式を調べたもんかのう」
セバスチャン
「それについては、ワシから提案があるニャ」
かに
「却下だ」
セバスチャン
「なんでだニャ!?」
かに
「冗談だ。聞いてやるから言ってみろ」
セバスチャン
「もういいニャ。話す気が超削がれたニャ(そっぽ向き)」
メルル
「センパイ、そのようなことを仰らずに……」
セバスチャン
「(くるり)話すニャ。メルルが聞きたいなら超話すニャ♪」
かに
「(単純なヤツだ)……で?」
セバスチャン
「ニャ。ここは一つ、ジュレミー・シーゲルの黄金銘柄を参考にするのはどうかニャ?」
かに
「なに、黄金銘柄を? ……そうだな、いい案かもしれん」
アリア
「でもシーゲルさんの言ってた黄金銘柄って、アメリカの会社ばっかりですよね?」
かに
「ここはセクターを参考にしよう。具体的には生活必需品、医薬品、エネルギーといったところか」
メルル
「まずはどのセクターにいたしましょう?」
かに
「シーゲルのお勧めセクターと言えば生活必需品。生活必需品銘柄と言えばアルトリア(MO)。即ち『たばこ』だな」
アリア
「えー? たばこですかー?(嫌そう)」
かに
「そうイヤそうな顔をするな。どんな世の中でも一定のニーズがある、まさに生活必需品だぞ? 吾輩は吸ったこと無いが」
セバスチャン
「実はワシもだニャ」
アリア
「吸いたくなっても、ウチじゃ吸わせません。あと、タバコの臭いを付けて帰ってきたら、ウチに入れませんから(冷)」
かに
「だから吾輩は吸わんっちゅーに」
シオン
「まあまあ。では、国内で唯一の専業たばこメーカーである、日本たばこ産業(=JT)について調べてみましょう」


■基本情報
日本たばこ産業(2914)
現在株価
3,386
予想配当利回り
3.69%(*1)
実績PBR
2.46
予想PER
15.5%
市場
東証一部
業種
食料品
サイズ
大型
自己資本比率
54.3%
企業の概要
・たばこ販売で国内シェア1位(シェア約60%)。
・たばこ販売で世界シェア3位(シェア約15%)。
・海外展開としてRJRインターナショナル、英ギャラハーなどを買収。
・海外売上高比率49%。
・売上高比率の20%は飲料、食料品、医薬品など。

*1. 決算期が3月⇒12月に変更のため配当を1.25倍に補正。


配当
EPS
(一株当り利益)
BPS
(一株当り純資産)
ROE
(株主資本利益率)
2003
 
-18.0
811.0
-2.2%
2004
 
-4.0
772.0
-0.5%
2005
 
32.0
782.0
4.1%
2006
 
105.0
920.0
11.4%
2007
 
110.0
1023.0
10.8%
2008
 
125.0
1084.0
11.5%
2009
27
64.0
811.0
7.9%
2010
29
72.0
861.0
8.4%
2011
34
76.0
796.0
9.5%
2012
50
169.0
858.0
19.7%
2013
68
181.1
993.8
18.2%
2014
96
235.5
1378.6
10.0%
次期予想
125(*2)
273.5(*2)
 
 

*2. 決算期が3月⇒12月に変更のため1.25倍に補正。


当期利益(百万円)
有利子負債(百万円)
2011
144,961
696,187
2012
320,883
491,516
2013
343,612
314,700
2014
427,987
361,727


■格付け情報
平均配当性向
39.2%
配当成長率
23.5%
EPS成長率
16.8%
BPS成長率
3.1%
ROE平均値
10.0%
負債返済年数
1.5年

シーゲルスコア
37/50
バフェットスコア
30/50
格付け
S


かに
「では、いつも通り解説してくれい」
シオン
「まず注意点として、今期から決算が3月⇒12月に変更になったので、次期予想配当・EPSを1.25倍に補正してあります」
アリア
「へー。そんなことがあるんですね」
シオン
「そしてシーゲルスコアですが、日本たばこ産業の配当が『独立型』であり、毎年増配かつ成長率が高いため高スコアとなっています」
かに
「配当が独立型? なんだそれは?」
シオン
「配当は通常、毎年のEPS(一株当たり利益)に、その企業が定めた配当性向を乗算して決められます。これを『連動型』とします」
セバスチャン
「ふむふむだニャ」
シオン
「連動型の場合、その年のEPSが下がれば、当然配当も下がります。いわゆる『減配』ですね」
かに
「そりゃそうだ」
シオン
「しかし日本たばこ産業のような独立型の場合、EPSが下がっても減配しません。つまり、配当性向以上の配当を出すのです」
アリア
「なんでですか?」
シオン
「減配は、それだけ業績が悪化しているという強いメッセージになるため、株価が大きく下落する恐れがあるからです」
メルル
「そう言えば、先ほど話に上がったアルトリアさんも減配はせず、毎年増配しているそうですわ」
シオン
「ええ、アルトリアは代表的な独立型ですね」
かに
「減配せず、固定または毎年増配してくれるなら、投資家にとっては願ったり叶ったりだが……」
セバスチャン
「なにかデメリット的なものは無いのかニャ?」
シオン
「あまり業績が悪化し過ぎると、EPSを超える配当になる場合もあります。俗にいう『タコ足配当』ですね」
かに
「一年の利益以上の配当を出すのか? そりゃダメだろ。業績悪化が一年で回復すれば問題は少ないだろうが」
シオン
「ええ。ですから独立型の多くは、一時的な業績悪化を乗り越える力が必要であり、企業側もそう考えているということです」
かに
「……それはつまり、独立型は消費者独占企業ということか?」
シオン
「可能性は高いと思いますが、全てがそうとは限りません。例えば、KDDIも配当に関しては独立型です」
かに
「ふむ……。今後の銘柄選択に、独立型か連動型かも注意を払っておくか。まあ、自動的にスコアに表れるようだが」
セバスチャン
「それで、バフェットスコアはどうなんだニャ?」
シオン
「バフェットスコアも、EPSの成長率が高く、負債が少ないことから高スコアとなっています。ただ、ROEは及第点ですね」
かに
「で、格付けは投資適格級でも最高のSか。まあ納得のランクだな」
アリア
「(資料読み)……あれ? 日本『たばこ』産業なのに、食べ物とか飲み物も売ってるんですか?」
シオン
「ええ。たばこだけでなく、様々な事業を展開しているようです」
セバスチャン
「そこらへんもアルトリアに似てるニャ~」
メルル
「清涼飲料メーカーとしても、国内シェア4.4%、業界10位とのことですわ」
アリア
「へー、色々頑張ってるんだ。……ちょっと見直したかも」
かに
「しかし、たばこの国内シェア1位もスゴイが、世界3位ってのもスゴイな」
シオン
「そうですね。海外たばこメーカーの買収には、かなり積極的なようです」
かに
「……聞くこと全て魅力的で、かえって不安になるのだが。何か不安要素は無いのか?」
シオン
「アルトリアと同じく、主力製品であるたばこの訴訟リスクがあります。あとは株価が若干割高なのが気がかりですね」
かに
「ふむふむ」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■消費者独占企業か否か?


アリア
「どうします? 投資しちゃいます?」
かに
「……たばこは間違いなく消費者独占力を持つ事業だ。そのシェアが国内1位、世界3位と言うのは、非常に魅力的だ」
セバスチャン
「そうだニャ~」
かに
「さらに、たばこ以外の業界や海外にも進出し、そこでも成功を収めている点も評価できる」
メルル
「では……?」
かに
「……これは投資するに足る消費者独占企業と吾輩は判断した! という訳で吾輩は日本たばこ産業に投資するぞ!」
アリア
「おー(ぱちぱちぱち)」
セバスチャン
「初めて投資する銘柄が見つかったニャ~」
シオン
「了解しました。では早速、株価が投資可能な水準にあるかどうかを調査しましょう」
かに
「なぬ? そりゃどういうこった?」
セバスチャン
「直ぐに投資するんじゃないのかニャ?」
シオン
「『億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術』に記してあった通り、例え消費者独占企業であっても、いつでも投資していいという訳ではありません」
アリア
「可能な限り安く買う、でしたよね?」
シオン
「その通りです」
かに
「むう、やるではないかアリア嬢」
アリア
「ふふーん。毎日お買いものしてる成果です♪」
メルル
「なるべく安く良いものを、というのは買い物の基本ですものね(微笑)」
かに
「ふむ。投資も常にその心構えで臨みたいものだな」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/26-ced05c6c


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。