スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>投資のタイミング


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/05/10

投資のタイミング

arrow TOP投資履歴>投資のタイミング


■投資のタイミング


かに
「で、前回とうとう、日本たばこ産業という投資するに足る銘柄が見つかった訳だが……」
セバスチャン
「直ぐに投資しちゃダメなんだったニャ?」
アリア
「可能な限り安く買うんですよね?」
シオン
「はい。それが『億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術』で記されている、ウォーレン・バフェットの株式投資術です」
かに
「ふむ……。安く買う方が良いという理屈は分かるが、高い安いってのは具体的にどう判断するんだ?」
シオン
「『億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術』によると、株式の絶好の買い場は4つのケースがあるそうです」
かに
「あー、そんなことが書いてあったな」
シオン
「しかし、そのいずれにも共通するのは、『株価が大きく下がる』ということです」
セバスチャン
「……つまり、株価が大きく下がった時が絶好の買い場ってことだニャ?」
シオン
「そういうことですね」
かに
「いやいやいや、そりゃ大体分かってるんだよ。具体的に、どれくらい下がれば買い場なんだ?」
シオン
「それは個人の判断によりますね」
セバスチャン
「急に曖昧になったニャ~」
アリア
「『億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術』には書いて無いんでしたっけ?」
メルル
「具体的な数値は載っておりませんでしたわ」
かに
「肝心な部分は書かれてないのだなぁ」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■10%ルール


シオン
「と言う訳で、どの程度下がったら投資するかは、自分で決めねばなりません」
かに
「うむ。では決めてくれ」
アリア
「また先生に丸投げですか?(呆)」
かに
「仕方無かろう。どの程度下がれば割安かなんぞ、投資初心者には過ぎた問題だわい」
アリア
「うーん。そう言われるとそうかも?」
シオン
「(考え中)……では、『過去5年間の高値から10%下落したら』という、10%ルールを設けるとしましょう」
かに
「ほほう、10%ルールか。何となく、もうちょっと下がるまで待ってもいいと思うのだが?」
シオン
「確かに下落率が高ければ高いほど絶好の買い場になるのですが、10%以上の下落となると、滅多なことでは起こりません」
アリア
「滅多なことって、どれくらいなんでしょう?」
シオン
「日本たばこ産業の場合、ここ10年で2回だけですね」
かに
「長っ!」
セバスチャン
「10%程度の下落なら、割と頻繁に起こるのかニャ?」
メルル
「そうですね……(調べ中)……あら? 丁度今、10%以上下落しておりますわ」
かに
「な、何!?」
メルル
「過去5年間の高値が凡そ3800に対して、現在値が3391ですので……下落率は10.7%です」
セバスチャン
「おお、ギリギリだけど10%以上は下落してるニャ」
かに
「シ、シオンよ! いいい急いでととと投資せねば!?(あたふた)」
シオン
「落ち着いて下さい」
かに
「これが落ち着いていられるかっ!」
シオン
「仮に株価が上がってしまったら、また下がるまで待てばいいのです。ウォーレン・バフェットも、そうして機会を待ったのですから」
かに
「なに、バフェットもか? よ、よし……(すーはーすーはー)……うむ、落ち着いたぞ」
セバスチャン
「単純だニャ~」
メルル
「それでは、日本たばこ産業の買い注文を出しますが、宜しいでしょうか?」
シオン
「単元未満株で、一万円単位のドル・コスト平均法で投資しますよ?」
かに
「お、おう!? も、もう注文を出すのか? ほほほ本当に!?(おろおろ)」
アリア
「いーから落ち着いて下さい(冷)」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■PERとPBR


メルル
「シオン様。割安かどうかを示す、PER(株価収益率)やPBR(株価PBR資産倍率)は参考にしなくても宜しいのでしょうか?」
シオン
「それは大丈夫でしょう。PERやPBRが極端に高ければ、配当利回りにそれが反映されて格付けが低くなります」
かに
「成程。そうなれば、自動的に投資適格外になるってことか」
シオン
「ただし、一応数値の確認は怠らない必要はありますね」
かに
「具体的には?」
シオン
「PERなら30.0%以上、PBRなら4.0以上ある場合は、流石に割高でしょうか」
かに
「日本たばこ産業のPERとPBRは幾つだったかな?」
メルル
「PERは15.5%、PBRは2.46ですわ」
かに
「ふむ。では問題無いな」
セバスチャン
「じゃあさっさと投資だニャ~」
かに
「ま、待て! ほほほホントに投資していいのか!?(あせあせ)」
アリア
「もう! だから落ち着いて下さいってばっ!」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/27-2edb0b7a


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。