スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>三井物産(8031)の格付け 2014/7/16


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/07/16

三井物産(8031)の格付け 2014/7/16

arrow TOP株式格付け>三井物産(8031)の格付け 2014/7/16


■三井物産(8031)の格付け


シオン
「では引き続き、TOPIX core 30構成銘柄の調査です」
かに
「へー(横になって尻ぽりぽり)」
アリア
「かにさん! お行儀が悪いです!」
かに
「(ぽりぽりぽり)……仕方なかろう。これだけTOPIX core 30構成銘柄を調べてるってのに、未だ収穫ゼロなんだぞ?」
アリア
「……そーだったっけ?」
メルル
「はい。残念ながら、今までご主人様のお眼鏡に適う会社さんは、まだ見つかっていないんです……」
セバスチャン
「小松製作所(6301)はいい線行ってたんだけどニャ~」
かに
「最近、国内大型株はこれだけダメ、って調査ばかりではないか。お陰で吾輩のやる気スイッチはオフになりっ放しだ」
アリア
「そんなこと言ったって、調べなきゃ見つからないでしょ?」
セバスチャン
「あと、旦那さんの眼鏡が厳しすぎるんだニャ」
かに
「煩い煩い。だったら、吾輩のやる気スイッチをオンする銘柄を探して来い」
アリア
「また無茶言って~」
シオン
「成程。そういうことであれば、本日は良い報告が出来るかもしれませんね」
かに
「(ぴくっ)……なぬ?」
シオン
「本日の業種は『卸売』、その中でもいわゆる『商社』と呼ばれる銘柄です」
アリア
「……ウィナー?」
シオン
「……それは勝者。商いをする会社、で商社です」
かに
「商いって、普通会社ってのは商いをするもんだろ?」
シオン
「その商いが特殊なのですよ。商社、特に総合商社と呼ばれる形態は、日本特有のものとされています」
メルル
「総合商社とは様々な商材やサービスを取り扱う会社さんで、特定の商品を扱う会社さんは専門商社と呼ばれるそうですわ」
かに
「……ふむ。それはちょっと興味が湧いて来たぞ。調査結果を聞かせてくれい!」
シオン
「では、本日は卸売業種から、業界売上で国内シェア4位の三井物産です」


■基本情報
三井物産(8031)
現在株価
1,642
予想配当利回り
3.90%
実績PBR
0.82
予想PER
7.9%
市場
東証一部
業種
卸売
サイズ
大型
自己資本比率
32.6%
企業の概要
・卸売業界の売上で国内シェア4位(8.6%)
・総合商社業界の売上で国内シェア4位(13.9%)
・鉄鉱石、原油の生産権益量は国内首位。
・資源・エネルギーの売上が大半を占める。
・海外売上高比率は不明。
・配当性向を25%⇒30%に引き上げ。自社株買いも実施予定。


配当
EPS
(一株当り利益)
BPS
(一株当り純資産)
ROE
(株主資本利益率)
2003
 
21.9
545.2
4.0%
2004
 
44.4
609.3
7.3%
2005
 
67.9
709.7
9.6%
2006
 
126.8
973.9
13.0%
2007
 
164.0
1182.5
13.9%
2008
 
185.9
1202.0
15.5%
2009
25
95.1
1033.2
9.2%
2010
18
82.5
1222.1
16.8%
2011
47
168.1
1296.7
13.0%
2012
55
238.1
1447.3
16.5%
2013
43
168.7
1743.3
9.7%
2014
59
231.8
2000.8
11.6%
次期予想
64
207.7
 
 


当期利益(百万円)
有利子負債(百万円)
2011
306,659
3,377,474
2012
434,497
3,578,007
2013
307,926
4,269,297
2014
422,161
4,455,117


■格付け情報
平均配当性向
25.0%
配当成長率
15.4%
EPS成長率
12.7%
BPS成長率
9.6%
ROE平均値
11.4%
負債返済年数
10.7年

配当性向の設定
30%
DOEの設定
無し
ROEの目標設定
10%
対TOPIX指数
プラス
平均自社株買い
0.36%
平均自社株消却
0.00%

シーゲルスコア
27/50
バフェットスコア
26/50
格付け
A+


かに
「おお、久々の投資適格級!(嬉々)」
アリア
「でも『そーごーしょーしゃ』って、一体何を扱ってる会社なんです?」
シオン
「……総合商社、です。扱っている商材は商社によって異なりますが、三井物産は資源・エネルギーの最大手で知られています」
かに
「エネルギー? それはひょっとして、石油も含まれるのか?」
シオン
「はい。石油以外にも、天然ガス、石炭などがエネルギーの内訳です。資源は鉄鉱や非鉄金属などですね」
メルル
「その他に、食糧・食品や電力・ガスインフラなども取り扱っているようですわ」
かに
「なんと言うか……えらく手広いな」
アリア
「一個の会社で何でもやってるって感じですね~」
シオン
「そうですね。ただし商社によって強み、弱みがあり、三井物産は先ほど言ったとおり、資源・エネルギーが強い会社です」
かに
「ふむふむ。石油・石炭業種株に投資していない我輩には、まさに打って付けかもしれんな」
セバスチャン
「肝心のスコアはどうなのかニャ?」
シオン
「シーゲルスコアですが、減配の多さを、高い配当利回りがカバーしているといった所です」
かに
「配当は完全に連動型か。配当が安定していないのは、若干マイナスだな」
シオン
「ただし、来期から配当性向を25%から30%に引き上げることを発表しています」
かに
「なに? それはポイント高いぞ」
シオン
「次にバフェットスコアですが、EPS、BPS、ROEが全て平均以上です。ただし、自己資本比率が若干低いことが減点でした」
かに
「ふむ。まあ、30%以上あれば大丈夫だろ」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■投資判断


アリア
「どうします? 今回は結構悩ましいんじゃないですか?」
かに
「……うむ。資源・エネルギーなど、取り扱ってる商材は、基本的に全てコモディティなんだよな」
シオン
「あと、特に総売上げに占める資源・エネルギーの偏重さには注意が必要かと」
セバスチャン
「資源・エネルギーは、新興国経済の影響を受けやすいんだったかニャ?」
シオン
「はい。特に鉄鉱の売上げが、中国経済に大きく左右されるようです」
アリア
「小松製作所と同じですね」
かに
「うむ。ただまあ、資源・エネルギーに関する株には一社も投資してないから、我輩の場合は分散対象になるんだよな」
メルル
「どういたしましょう?」
かに
「……これはバフェット的投資ではなく、大きくシーゲル的投資に偏った投資になるだろう。が、投資する価値はあると見た」
アリア
「じゃあ、投資しちゃう?」
かに
「うむ! 考えてみると我輩、新興国株式には投資する予定が無いんだよな。そういう意味でも、分散投資になるだろ」
セバスチャン
「それを言ったら、小松製作所もいーんじゃないかニャ?」
かに
「……それもそうだな。小松製作所に関しては、再考の余地があるやもしれん」
メルル
「では一先ず、三井物産さんへの投資を開始いたしますね。……(調査中)……残念ながら、今は10%ルールの適用外のようですわ」
かに
「それは残念。早く大きく値を下げないかのう」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/54-395773e8


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。