スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>日本電信電話(9432)の格付け 2014/7/28


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/07/28

日本電信電話(9432)の格付け 2014/7/28

arrow TOP株式格付け>日本電信電話(9432)の格付け 2014/7/28


■日本電信電話(9432)の格付け


シオン
「では、本日もTOPIX core 30の構成銘柄に関する調査です」
メルル
「なお、本日を以てTOPIX core 30の調査は終了となりますわ」
かに
「おお、とうとう終わりか。長かったようで……やっぱり長かったなぁ」
アリア
「幾つか調べてあったと言っても、30社調べたんですもんね~」
セバスチャン
「最後の一社が投資適格級だといいけどニャ」
かに
「そうだな。ではシオン、最後の調査結果を発表してくれい!」
シオン
「はい。では、本日は情報・通信業種から、固定電話、光回線の国内シェアで圧倒的首位の日本電信電話です」


■基本情報
日本電信電話(9432)
現在株価
6,715
予想配当利回り
2.68%
実績PBR
0.96
予想PER
12.5%
市場
東証一部
業種
情報・通信
サイズ
大型
自己資本比率
42.3%
企業の概要
・通信(固定電話、光回線、携帯電話)の国内売上シェア首位(42.6%)。
・利益の6割は傘下のNTTドコモが占める。
・海外売上高比率37.1%。


配当
EPS
(一株当り利益)
BPS
(一株当り純資産)
ROE
(株主資本利益率)
2003
 
159.8
3538.4
4.5%
2004
 
406.1
4064.5
10.0%
2005
 
458.9
4530.6
10.1%
2006
 
348.4
4904.9
7.1%
2007
 
348.3
5152.6
6.8%
2008
 
461.1
5433.6
8.5%
2009
110
400.4
5515.2
7.3%
2010
120
372.0
5885.9
6.3%
2011
120
385.2
6061.9
6.4%
2012
140
366.7
6441.3
5.7%
2013
160
432.4
7018.1
6.2%
2014
170
509.2
7667.6
6.6%
次期予想
180
536.0
 
 


当期利益(百万円)
有利子負債(百万円)
2011
509,629
4,569,059
2012
467,701
4,305,918
2013
524,071
4,068,012
2014
585,473
4,231,348


■格付け情報
平均配当性向
34.4%
配当成長率
7.5%
EPS成長率
2.5%
BPS成長率
5.5%
ROE平均値
7.3%
負債返済年数
8.2年

配当性向の設定
無し
DOEの設定
無し
ROEの目標設定
無し
対TOPIX指数
プラス
平均自社株買い
2.39%
平均自社株消却
3.63%

シーゲルスコア
22/50
バフェットスコア
22/50
格付け


アリア
「……日本電信電話?」
かに
「聞かん名前だな」
シオン
「確かにこの名前ではあまり聞きませんね。ですが、NTTと言えばお分かりでしょう?」
アリア
「あ、それなら分かります!」
かに
「分かるも何も、超有名な会社ではないか。最初からNTTと言ってくれよ」
シオン
「一応、日本電信電話が正式名称ですからね」
セバスチャン
「「電信」って名前が随分古風だけど、昔からある会社なのかニャ?」
メルル
「はい。民間企業としての設立は1985年と歴史が浅いのですが、前身である日本電信電話公社の設立は1952年ですわ」
かに
「公社? ってことは、国営から民営化した企業ってことか?」
シオン
「はい。他に民営化した企業は、日本たばこ産業(旧・日本専売公社)や東日本旅客鉄道(旧・日本国有鉄道)がありますね」
かに
「……日本たばこ産業も、元国営企業だったのか?」
シオン
「……知らなかったのですか?」
かに
「いやだってお前、言ってくれなきゃ分からんよ」
アリア
「元国営だと、何か悪い事があるんですか?」
シオン
「一長一短と言ったところですね。まず、特殊な法律による義務や権利が発生します」
アリア
「義務? 権利?」
シオン
「そしてその法律を滞りなく順守させるために、元国営企業の多くは国が筆頭株主のケースが非常に多いのです」
メルル
「日本電話電信さんも日本たばこ産業さんも、3割以上の株式を国が保有しておられますわ」
セバスチャン
「それがどう一長一短に繋がるのかニャ?」
シオン
「国が大多数の株式を保有しているため、投げ売りや仕手(人為的な株価操作)の対象になり難いこと。これが一長です」
アリア
「ふむふむ」
シオン
「その反面、会社の経営方針が国の都合や法律に左右される可能性があること。これが一短です」
かに
「具体的に、その一短が行われているケースはあるのか?」
シオン
「例えば日本たばこ産業の場合、国産葉たばこを全て買い取ることが法律で義務付けられています」
かに
「全て買い取り? そりゃまた剛毅な義務だな」
シオン
「もっとも、その代わりに国内で唯一、たばこの製造を独占する権利を与えられているので、これも一長一短ですね」
アリア
「NTTも、何か義務とかあるんですか?」
シオン
「NTTの場合、国内電話回線の維持が義務付けられています」
かに
「それは日本たばこ産業と比べて、随分と軽い義務だな」
シオン
「そうでしょうか? 例えどれだけ採算が悪化しても、大きな赤字事業となったとしても、維持せねばならないのですよ?」
かに
「こ、怖いことを言うな。現実的にそんなことがあるのか?」
シオン
「それは分かりません。ただし投資するならば、そのような可能性をも考慮する必要があると言うことです」
かに
「分かった分かった」
セバスチャン
「でも国が株主だったり法律があるってことは、絶対潰れない会社ってことでもあるニャ?」
シオン
「そうですね。一般企業と比べて、倒産の可能性はかなり低いでしょう」
かに
「おお。それはデカいアドバンテージではないか」
シオン
「倒産し辛いということは、株が紙くずになる可能性が低いと言うだけで、株式価値がゼロになる可能性は他企業と同じですよ?」
かに
「……絶対安全な会社ってのは無いってことだな」
シオン
「その通りです」
かに
「肝に銘じておこう。で、前置きが大分長くなってしまったが、スコア的はどうなんだ?」
シオン
「そうですね。シーゲルスコアは悪くありません。配当も伸びていますし、配当性向も高水準です」
かに
「ふむふむ」
シオン
「バフェットスコアもまずまずです。自社株買いに積極的な点は高評価ですね。ROEが物足りないのが減点につながっています」
かに
「ふーむ。全体的にもう一歩、と言ったところかのう」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■投資判断


アリア
「格付けはBでしたけど、投資はどうします?」
かに
「投資適格外だから投資は見送りだな。だが、ROEがもっと高くなれば、投資対象にしてもいいやもしれん」
セバスチャン
「それは、NTTが消費者独占企業ってことかニャ?」
かに
「うむ。国内固定電話の大半をNTTが握っているようだしな。自社株買いにも積極的なようだし、配当も中々だ」
アリア
「頑張ってROEを上げてくれるといいですね♪」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/64-f66c5c35


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。