スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>投資のお勉強5 ~インフレとデフレ~


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/05/01

投資のお勉強5 ~インフレとデフレ~

arrow TOP投資のお勉強>投資のお勉強5 ~インフレとデフレ~


■デフレとは?


かに
「……む? ちょっと待て。さっき、貯金の金利は物価に連動して上下すると、そう言ったな?」
シオン
「ええ」
かに
「……メルル。確か今の金利は相当低かったよな?」
メルル
「ええ。普通預金だと0.01~0.05%といったところですわ」
セバスチャン
「まさにスズメの涙だニャ~」
かに
「ってことは、今この国の物価は殆ど上がってないってことか?」
セバスチャン
「……そうだニャ。少なくとも0.01~0.05%の範囲でしか上がってないってことだニャ」
シオン
「良い所に気付かれましたね。実を言うと、この国は物価が上がるどころか、逆に下がっているんです」
アリア
「下がる?」
シオン
「ええ。それがデフレーション、略してデフレです。インフレとは真逆の現象を指します」
アリア
「ええっと、インフレは物の値段が段々と上がっていくことだから……デフレは、物の値段が段々と下がっていく?」
かに
「そんなことがあり得るのか?」
セバスチャン
「というか、どの本にもデフレなんて言葉は出てこなかったニャ」
シオン
「世界的にも、あまり起こり得ない現象ですからね。少なくとも、10年以上もデフレの状態にあるのは日本くらいです」
かに
「ふーむ。まず、インフレになるかデフレになるかは、何によって決まるかを知らねばならんな」
シオン
「一般的には、景気が良くなるとインフレに、景気が悪くなるとデフレになると言われています」
アリア
「……と言うことは、日本はずっと景気が悪い?」
シオン
「そうなりますね」
セバスチャン
「……でも、デフレって良いことじゃないかニャ? だって、物の値段が安くなるんだニャ?」
かに
「そうだな。物が安く買えれば生活費も安くすむって訳だ」
アリア
「それなら家計も大助かりです! やったねメルル♪」
メルル
「ええっと、確かにそうなのですが……」
シオン
「確かに、デフレには家計支出が減るなどのメリットもあります。しかし、長期的に見るとその国にとって悪影響を及ぼすのです」
かに
「どういうこった?」
シオン
「デフレの状態だと、物を作る側の企業の収入が下がっていきます」
かに
「物の値段が下がるんだから、そりゃそうなるよな」
シオン
「そうなると、企業に雇われている側の給料も下がります」
かに
「そ、それは困る! というか、吾輩の給料が上がらないのはデフレのせいだったのかっ!(ガーン)」
セバスチャン
「それは旦那さんが無能だからじゃないかニャ?」
かに
「吾輩は有能だ! つまり給料が上がらないのはデフレのせいだ!」
シオン
「……まあ、その真偽は置いておくとして」
かに
「置いとくなっ!」
シオン
「(無視)さらに、企業の収入が減ることにより、企業の雇用も減退します」
かに
「雇用……確かに吾輩が就職するあたりから、就職氷河期とか超氷河期とか言われていたな」
アリア
「そんな前からデフレだったってことですね~」
シオン
「さらに、企業の収入が減るということは、国としての税収も減ると言うことです。これは国家としての弱体化に繋がります」
かに
「分かった分かった、もう分かった。デフレは悪いことなのだな」
アリア
「……でも、それを言ったらインフレだって困っちゃうんじゃ?」
メルル
「家計の支出が増えてしまいますものね」
シオン
「ええ。インフレもデフレも、進み過ぎると、どちらも困ったことになります。しかし、どちらがより困るかというと……」
かに
「経済の活性化を示すインフレの方がまだマシってことか」
シオン
「はい。大体、物価の上昇が年率2~3%程度に収まるインフレが、バランスとして望ましい状況と言われています」
セバスチャン
「ってことは、デフレが続いてるこの国は、望ましくない状況ってことなんだニャ」
シオン
「はい。しかし現政権(2014年現在)は、デフレが続くこの状況を打破しようと動いています」
かに
「あー、ひょっとすると、それが『アベノミクス』ってやつか」
シオン
「その通りです。成果のほどはこれからですが」
アリア
「早くデフレが無くなるといいですね~」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■デフレ時の貯金の金利


かに
「……ん? 今がデフレで物価が下がってるのに、貯金の金利は僅かとは言え、0.01~0.05%は付くんだな」
セバスチャン
「そうだニャ。物価に追随するなら、マイナスの金利になるはずだニャ」
シオン
「理論上はそうなりますが、もしそうだとすると、貯金しているお金はどうなると思いますか?」
アリア
「えーっと……貯金してればしてる程、お金が減っていく?」
シオン
「そうです。先輩は、そんな状況で貯金したいですか?」
かに
「絶対に思わん(キッパリ)」
シオン
「そうですよね。しかし銀行としても、お金を預けて貰わないと困るので、ごく僅かな金利を付けている訳です」
かに
「むう。やはりデフレってのは歪(いびつ)な状況なのだな」


■今回のポイント
 ・デフレとは、物の値段が段々と低くなっていく現象である。
 ・インフレとデフレなら、まだインフレの方が望ましい。


投資のお勉強メニュー
1 さあ投資を始めよう
2 投資の定義
3 投資の目的
4 貯金と投資
5 インフレとデフレ
6 分散投資こそ投資の理想形
7 運用方針の決定①
8 運用方針の決定②
9 運用方針の決定③
10 運用方針の決定④
11 ドル・コスト平均法とリバランス
12 運用方針の実例
13 個別株式に投資するなら①
14 個別株式に投資するなら②
15 個別株式に投資するなら③




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/7-4a658a62


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。