スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>International Business Machines Corp.(IBM)の格付け 2014/8/20


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/08/20

International Business Machines Corp.(IBM)の格付け 2014/8/20

arrow TOP株式格付け>International Business Machines Corp.(IBM)の格付け 2014/8/20


■International Business Machines Corp.(IBM)の格付け


シオン
「では本日もバフェット銘柄の調査です。今日でバフェット銘柄の調査は一段落とします」
アリア
「えー? もうですか?」
シオン
「本日のIBM(International Business Machines Corp.)と今までの3社で、バフェット銘柄の64%を占めますからね」
かに
「4銘柄で6割超えか。聞いてはいたが、ホントに集中投資しているのだな」
シオン
「そんな訳ですので、次からは先輩ご希望の、シーゲル銘柄を幾つか調査してみましょう」
アリア
「はーい」
かに
「うむうむ。で、今日はIBMか。ハイテクはノータッチと言っていたバフェットが何故投資したのか、未だに議論になる銘柄だな」
セバスチャン
「そもそもIBMって何の会社なのかニャ?」
かに
「吾輩の認識では、かつてパソコンのブランドで一世を風靡した会社だが」
シオン
「確かに過去はパソコンなどのハードウェアが事業の中核でしたが、今はサービスとソフトウェアに事業転換しています」
メルル
「あの、済みません。サービスとは具体的に何を行っているのでしょう?」
シオン
「ビジネスコンサルティングやシステム構築、クラウドコンピューティングなどですね」
メルル
「……そ、そうですか、有難う御座います(汗)」
かに
「やはりハイテク企業ってのは良く分からんなぁ」
セバスチャン
「仮にもその一角に属する企業に勤める人間とは思えんセリフだニャ(呆)」


■基本情報
International Business Machines Corp.(IBM)
現在株価
$190.07
予想配当利回り
2.20%
実績PBR
10.06
予想PER
11.2%
市場
NYSE
業種
テクノロジー
サイズ
大型
自己資本比率
17.0%
企業の概要
・コンピュター機器の最大手。
・現在はサービスとソフトウェアが事業の中核。
・170か国に事業展開。


配当
EPS
(一株当り利益)
BPS
(一株当り純資産)
ROE
(株主資本利益率)
2003
0.64
4.32
 
 
2004
0.72
4.93
 
 
2005
0.80
4.87
 
 
2006
1.20
6.11
 
 
2007
1.60
7.18
 
 
2008
2.00
8.93
 
 
2009
2.20
10.01
 
 
2010
2.60
11.52
17.75
64.9%
2011
3.00
13.06
17.79
73.4%
2012
3.40
14.37
16.87
85.2%
2013
3.80
14.94
18.89
79.1%
次期予想
4.18
16.93
 
 


当期利益(百万$)
流動負債(百万$)
発行済株式(百万)
2009
 
 
1,341
2010
 
 
1,287
2011
15,855
42,123
1,214
2012
16,604
43,625
1,155
2013
16,483
40,154
1,103


■格付け情報
平均配当性向
23.5%
配当成長率
18.8%
EPS成長率
11.7%
BPS成長率
1.6%
ROE平均値
75.7%
負債返済年数
2.6年


シーゲルスコア
30/50
バフェットスコア
38/50
格付け
S+


アリア
「S+!?」
セバスチャン
「こんな格付けあったかニャ?」
シオン
「最近新設したランクです。格付けの最高評価ですね」
かに
「ふーむ。眠れる巨人と言われるIBMだが、格付けは高いのだな」
シオン
「そう言われていたのは、中核事業がハードウェアの頃ですね」
アリア
「今は違うんですか?」
シオン
「1990年代からサービス、ソフトウェアに事業転換してからは、S&P500を上回る上昇率を記録しています」
かに
「ほほう。ちなみにバフェットがIBMに投資し始めたのは?」
メルル
「2011年ですわ。年次報告書を読んでみて、すごい会社だと思われたのだとか」
かに
「ふむ。サービスやらソフトウェアやら、転換した事業内容を見て何か感じるものがあったのだろうな」
セバスチャン
「スコアの詳細はどうなってるのかニャ?」
シオン
「シーゲルスコアは、配当利回り、平均配当性向などは低いですが、連続増配がスコアを押し上げています」
かに
「10期連続か。……ひょっとして、コカコーラみたいにドエライ連続増配記録を持っているのか?」
シオン
「コカコーラには及びませんが、18期連続ですね」
かに
「それでも国内企業に比べれば上々だ。で、バフェットスコアは?」
シオン
「圧倒的に高いROEと、年平均3.8%という自社株買いにより、非常に高いスコアとなっています」
かに
「平均ROEは75.7%か。……国内では考えられん数字だのう」
アリア
「バフェットさんもそこに惚れ込んだんですかね~」
かに
「だろうな。EPSも見事な右肩上がりだ。リーマンショックの影響なぞどこ吹く風だな」
シオン
「いえ。必ずしも業績が好調という訳ではありません。ハードウェア部門が不調なため、売上高は9四半期で減収だそうです」
かに
「なに? だがEPSは堅調推移だぞ?」
シオン
「ソフトウェア・サービス部門により純利益は増益なこと、さらに大量の自社株買いがEPS成長を支えているようですね」
かに
「ある意味、自社株買いで株価を支えている側面もある訳か」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■投資判断


アリア
「すごい格付けですけど、投資はどうします?」
かに
「……これは難しいな。格付け的にはまったく問題なし。バフェット銘柄であるから、消費者独占力もあるのだろうが……」
セバスチャン
「気にしてるのは、配当利回りが低い事かニャ?」
かに
「それもある。が、他の懸念としてIBMの事業内容がイマイチ理解できん」
アリア
「バフェットさんが投資してる、っていう理由だけじゃダメなんですか?」
かに
「そう割り切ってしまうのも1つの方法だが、やはり投資する以上は大まかでも事業を理解できないとな」
メルル
「では、投資は見送りということで宜しいでしょうか?」
かに
「うむ。そうしてくれい」
アリア
「勿体なーい。せっかくのS+評価なのにぃ」
セバスチャン
「相変わらず変なトコで頑固だニャ~」
かに
「なーに。他にきっと吾輩にジャストフィットする銘柄があるさ。先のコカコーラのようにな」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/78-7f412935


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。