スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>Philip Morris International Inc.(PM)の格付け 2014/8/22


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/08/22

Philip Morris International Inc.(PM)の格付け 2014/8/22

arrow TOP株式格付け>Philip Morris International Inc.(PM)の格付け 2014/8/22


■Philip Morris International Inc.(PM)の格付け


シオン
「では本日はシーゲル教授の黄金銘柄から、Philip Morris International Inc.(MO)の調査です」
かに
「アルトリアは自己資本比率が低かったからな。フィリップモリスには期待しているぞ!」
アリア
「期待しているぞーっ♪」
シオン
「……」
アリア
「そ、その無言はなんですか?」
シオン
「……いえ。まあ何はともあれ、結果を見て頂きましょう」


■基本情報
Philip Morris International Inc.(PM)
現在株価
$85.15
予想配当利回り
4.44%
実績PBR
-17.78
予想PER
17.0%
市場
NYSE
業種
生活防衛消費
サイズ
大型
自己資本比率
-14.8%
企業の概要
・中国企業を除けば世界第1位のたばこ販売会社。
・アルトリアと同じく、Marlboroはたばこで世界トップシェア。
・アルトアリアは米国専業、フィリップモリスは米国以外という縄張り。


配当
EPS
(一株当り利益)
BPS
(一株当り純資産)
ROE
(株主資本利益率)
2008
1.54
3.32
 
 
2009
2.24
3.24
 
 
2010
2.44
3.92
2.49
157.4%
2011
2.82
4.85
1.05
460.0%
2012
3.24
5.17
-2.05
-(*1)
2013
3.58
5.26
-4.79
-(*1)
次期予想
3.78
5.00
 
 

*1. BPSがマイナスのため算出不可。


当期利益(百万$)
流動負債(百万$)
発行済株式(百万)
2009
 
 
1,950
2010
 
 
1,842
2011
8,591
17,066
1,762
2012
8,800
17,016
1,692
2013
8,576
17,066
1,622


■格付け情報
平均配当性向
63.8%
配当成長率
15.1%
EPS成長率
8.8%
BPS成長率
-224.4%
ROE平均値
192.2%
負債返済年数
1.9年


シーゲルスコア
31/50
バフェットスコア
34/50
格付け
S+


アリア
「またまたS+でーす! シーゲルさんスゴイっ♪」

かにセバスチャンメルル
「……」

アリア
「あれ? 皆どうしたんですか?」
かに
「自己資本比率とBPSが……」
メルル
「……マイナス、ですか?」
シオン
「……はい」
セバスチャン
「つまり、財務レバレッジをアルトリア以上に効かせてるってことだニャ?」
シオン
「その通りです。株主資本以上に負債を増やしたため、BPS、ROEがマイナスになっているという訳ですね」
かに
「一点確認だが、別に借金依存では無いんだよな?」
シオン
「はい。負債に依存せずとも、十分な利益を上げています」
かに
「……この財務レバレッジってのは、実際のところどうなんだ?」
メルル
「国際的な大企業さんですから、恐らくは慎重に財務をコントロールした結果だとは思うのですが……」
セバスチャン
「ワシもそう思うニャ。でも真実はフィリップモリスの偉い人しか分からんとも思うニャ」
かに
「だよなぁ」

かにセバスチャンメルル
「うーん……」

アリア
「……えーっと、良く分かんないんですけど、負債って借金のことですよね? それで、借金って良くないことですよね?」

かにセバスチャンメルル
「……」

アリア
「……あ、あれ? またまた皆どうしたの?」
かに
「……何やら、ズバっと真理を言われた気がするな」
セバスチャン
「アリア嬢ちゃんは、たまーに途中の議論をすっ飛ばして、いきなり真理を突くから恐ろしいニャ~」
メルル
「それだけ素直な眼をお持ちと言うことですわ。シオン様のご教育の賜物かと(微笑)」
シオン
「いえいえ。本人の資質ですよ」
アリア
「???」
かに
「そういえばバフェットも、真の消費者独占企業は、負債に頼らずとも十分な利益を上げられると言っていたな」
シオン
「確かにそうですね。あと押さえておくべきポイントとしては、今の米国の金利が上げられると思います」
かに
「どういうこった?」
シオン
「今の米国は歴史的にも類を見ない低金利です。そのため借入金、つまり負債を意図的に増やしている可能性もあるかと」
かに
「……つまり米国の金利が上がってくれば負債を減らし、その結果自己資本比率が改善するということだな?」
シオン
「可能性としてはあると思います」
かに
「ふむ。それは覚えておくとしよう。おお、なんだか考えがスッキリしたぞ(晴れやかな笑顔)」
セバスチャン
「旦那さんの中で結論が出たところで、スコアの解説を頼むニャ」
シオン
「はい。シーゲルスコアは良好です。特に配当利回りの高さが光りますね。配当余力もアルトリアに比べれば高いです」
かに
「配当利回り4.44%か。国際的大企業でこの利回り、流石はシーゲル黄金銘柄だのう。で、バフェットスコアは?」
シオン
「マイナスという異常値を排したROEの平均値は極めて高いです。また、自社株買いにも非常に積極的ですね」
かに
「でもそれ、幾らかは負債で自社株買ってるってことだよな?」
シオン
「結果的にはそうなりますね」
かに
「やはり何か違和感があるのう」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■投資判断


アリア
「えーっと、途中で何か決めてたみたいですけど、どうします? アルトリアとフィリップモリスがありますけど」
かに
「どちらにも投資はしない(キッパリ)」
アリア
「……随分はっきりキッパリですね。かにさんが大好きなシーゲルさんの黄金銘柄ですよ?」
かに
「いいのだ。個別株に投資するなら、10年ほったらかしでも大丈夫な会社を選べ、とバフェットも言っていたからな」
セバスチャン
「やっぱり自己資本比率が低すぎたりマイナスだったりじゃ、枕を高くして眠れないもんニャ~」
アリア
「ホントにいいんですね? ひょっとしたらガーっと上がっちゃうかもしれませんよ?」
かに
「それはあるかもしれんが、個別株に投資する以上、それは避けられんリスクだよ」
セバスチャン
「そもそも旦那さんは、すでにたばこ銘柄としてJTこと日本たばこ産業に投資してるもんニャ」
アリア
「あ、そっか」
メルル
「では、アルトリアさんにもフィリップモリスさんにも投資はしない、ということで承りました。ただ……」
かに
「むん?」
メルル
「iShares米国高配当株式ETFにはアルトリアさんが3.34%、フィリップモリスさん5.02%が含まれておりますわ」
かに
「それ位なら問題なかろ。個別投資のメインには出来なくても、分散投資先としては有力だ」
セバスチャン
「HDVことiShares米国高配当株式ETFか、それとも個別株か、どっちになるかニャ~」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/81-cfa3dd28


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。