スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>AT&T Inc.(T)の格付け 214/8/27


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/08/27

AT&T Inc.(T)の格付け 214/8/27

arrow TOP株式格付け>AT&T Inc.(T)の格付け 214/8/27


■AT&T Inc.(T)の格付け


アリア
「昨日のBPで、ホントのホントに石油の会社は最後ですよね?」
かに
「うむ。ロイヤル・ダッチ・シェルは気になるが、BPより割安で無いことは確かだし、どうせSBI証券でADR取扱も無いしな」
セバスチャン
「じゃあ次こそワシが知りたかったHDVの構成銘柄だニャ!」
かに
「まあいいだろう。では割合の上から順に調べて行くか」
メルル
「それでしたら……8.27%を占めるAT&Tさんになりますわ」
かに
「ほうほう。マーベルことAT&Tか」
アリア
「どんな会社でしたっけ?」
シオン
「主にアメリカ国内の無線通信、地域電話、長距離電話などのサービスを提供する企業ですね」
アリア
「……えーっと、モアシンプルかつワンモアプリーズで♪」
シオン
「……NTTの米国版です」
アリア
「あ、それなら分かります♪」
かに
「国内と同じなら、電話とか通信は成熟産業で配当利回りが高いはずだな」
アリア
「じゃあ期待度大?」
シオン
「さあ、どうでしょう?」


■基本情報
AT&T Inc.(T)
現在株価
$34.59
予想配当利回り
5.32%
実績PBR
2.03
予想PER
13.2%
市場
NYSE
業種
情報サービス
サイズ
大型
自己資本比率
33.3%
企業の概要
・米国最大の電話会社。
・無線通信、地域電話、長距離電話の他、インターネット接続サービスも手掛ける。


配当
EPS
(一株当り利益)
BPS
(一株当り純資産)
ROE
(株主資本利益率)
2003
0.85
2.56
 
 
2004
0.95
1.77
 
 
2005
1.13
1.42
 
 
2006
1.35
1.89
 
 
2007
1.47
1.94
 
 
2008
1.61
2.16
 
 
2009
1.65
2.05
 
 
2010
1.69
3.35
18.01
18.6%
2011
1.73
0.66
18.33
3.6%
2012
1.77
1.25
17.12
7.3%
2013
1.81
3.39
17.04
19.9%
次期予想
1.84
2.63
 
 


当期利益(百万$)
流動負債(百万$)
発行済株式(百万)
2009
 
 
5,924
2010
 
 
5,938
2011
3,944
30,892
5,950
2012
7,264
31,787
5,821
2013
18,249
34,995
5,385


■格付け情報
平均配当性向
80.8%
配当成長率
6.9%
EPS成長率
-1.0%
BPS成長率
-1.8%
ROE平均値
12.4%
負債返済年数
3.3年


シーゲルスコア
34/50
バフェットスコア
20/50
格付け


アリア
「おー。これまた流石のA評価です♪」
かに
「……というか、なんだこの配当利回り5.32%ってのは」
セバスチャン
「尋常じゃ無い利回りだニャ」
シオン
「やはり成熟産業ということで、利益の大半を配当に回しているようですね」
かに
「利益の大半? ……おおう。平均配当性向80%越えだと?」
メルル
「本当に利益の大半なのですね……」
セバスチャン
「と言うか、2010年と2011年はタコ足配当してるニャ」
シオン
「そうですね。AT&Tも28年連続増配という記録を持っているのですが、その記録の継続に黄色信号が灯っています」
かに
「それは連続増配が途絶えるという事か?」
シオン
「いえ。恐らくは面子に掛けて増配は続けると思いますが、その増配率が極々僅かになるということです」
メルル
「確かに、通年の配当成長率は6.9%ですが、リーマンショック以降の成長率は2.0%となっておりますわ」
かに
「2.0%か。名目上は増配でも、実態としてはほぼ横ばいの配当になるということだな」
シオン
「はい。それでも5%を超える配当は驚異的ですね。利回り3%、成長率10%だとしても、5%を超えるのに6年掛りますから」
かに
「しかもその間、AT&Tも一応増配し続ける訳だからな」
セバスチャン
「ま、それも減配しなかったらの話だけどニャ~」
かに
「そのリスクはあり得る。というか、目下のところ一番注意すべきリスクだろう」
アリア
「じゃあ、そんな訳でスコアの解説をお願いします」
シオン
「はい。シーゲルスコアは配当利回りがスコアを押し上げています。ただし、やはり配当余力の少なさが減点ですね」
かに
「ふむ。バフェットスコアは?」
シオン
「EPSがマイナス成長、かつROEが少々物足りません。しかし、自社株買いに積極的なのは高ポイントです」
かに
「突出した配当利回りが唯一にして最大の武器、といった感じの銘柄だのう」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■投資判断


アリア
「じゃあ、投資はどうします?」
かに
「単独での投資はパスだな。HDVで8%も投資すれば十分だろう」
アリア
「了解でーす」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/86-85280fbb


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。