スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>HDV(iShares米国高配当株ETF[1589])の格付け


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/09/09

HDV(iShares米国高配当株ETF[1589])の格付け

arrow TOP株式格付け>HDV(iShares米国高配当株ETF[1589])の格付け


■HDV(iShares米国高配当株ETF[1589])の調査結果


シオン
「さて。これでHDV(iShares米国高配当株ETF[1589])を構成する上位13銘柄、約68%の調査が完了した訳ですが……(ちらり)」
かに
「ふ、案ずるな……。当然、忘れてるさ!(笑顔でサムズアップ)」
アリア
「あはは、やっぱり私もです♪」
セバスチャン
「当然、このワシもだニャ(胸張り)」
シオン
「……どこかで聞いたような展開ですねぇ(がっくり)」
メルル
「あ、あの、また一覧表を作成いたしましたので……(汗)」
かに
「おう、ご苦労ご苦労。どらどら、どんな結果になっとるかのう」


HDV(iShares米国高配当株ETF[1589])主要構成銘柄
企業名
シーゲル
スコア

バフェット
スコア

格付け
T
AT&T Inc.
34
20
A
CVX
Chevron Corporation
37
27
S
JNJ
Johnson & Johnson
31
23
A
PG
The Procter & Gamble Company
34
24
A
PFE
Pfizer Inc.
30
23
A
WFC
Wells Fargo & Co
26
22
B+
PM
Philip Morris International Inc.
31
34
S+
INTC
Intel Corporation
34
30
S+
MRK
Merck & Co. Inc.
26
16
B
KO
The Coca-Cola Company
32
30
S
MO
Altria Group Inc
33
30
S+
COP
ConocoPhillips
38
30
S
MCD
McDonald's Corporation
39
36
S+


平均
シーゲルスコア

33/50
平均
バフェットスコア

26/50
平均格付け
A+


かに
「ふーむ。予想はしていたが、これまた素晴らしい結果だのう」
シオン
「そうですね。13銘柄中、投資適格級が11銘柄。しかも最高格付けであるS+が4社もあります」
セバスチャン
「で、平均ではA+ときたニャ。どこぞの国のコア30社も見習って欲しいニャ~」
アリア
「じゃあ、このETFに投資する、でいいですよね?」
かに
「ここまで結果が出揃えば否とは言わんが……」
メルル
「何かお悩みでしょうか?」
かに
「うむ。ETFでまとめて投資するか、それともこの中から個別に選んで投資するか、どちらにするかな、と」
アリア
「……それって、どっちがいいんでしょう?」
シオン
「そうですね……。まず、ETFでまとめて投資するメリット・デメリットは以下になります」

■ETFのメリット
・これ一つである程度(74銘柄)の分散投資が可能。
・低配当や無配になった銘柄は自動的に入れ替えてくれる。
・投資銘柄が一つで済むため売買手数料が抑えられる。

■ETFのデメリット
・10%ルールの場合、投資機会が少ない。
・割高な銘柄や、投資したくない銘柄にも投資してしまう。
・管理コストが掛る(年0.12%)。

かに
「ふむふむ。で、個別株の方は?」
シオン
「個別株は、大体ETFのメリット・デメリットをひっくり返した感じですね」

■個別株のメリット
・投資機会が多い。
・割安な銘柄や、自身で選別した銘柄にだけ投資できる。
・信託報酬が掛らない。

■個別株のデメリット
・分散効果が少なくなりがちで、リスクが高くなる。
・低配当や無配に転落した銘柄は、自分で処理せねばならない。
・複数銘柄に及ぶため売買手数料が嵩む。

セバスチャン
「確かに、鏡に写したような感じだニャ」
かに
「……ふーむ、一長一短だな」
アリア
「ちなみに、先生はどっちがいいと思うんですか?」
シオン
「私としては、ETFをお勧めしたいと思います」
かに
「お? 迷い無しか?」
シオン
「はい。平均格付けが十分高い上に、ディフェンシブを中心にセクター分散されています。配当株の主力とするに十分なETFかと」
かに
「しかしそれだと、英国株式には手を出さないということか? BPとか、色々と気になる銘柄があるのだが」
シオン
「であれば、ETFをコアとして、国内株式と英国株式をサテライトとして個別に投資しては?」
かに
「……ああそうか。別にETFだけ、個別株だけ、と拘る必要は無いんだよな(頭ぽりぽり)」
アリア
「思い込んだら一直線なのは、かにさんの長所でもあり短所でもありますね(うんうんとしたり顔)」
かに
「……アリア嬢にだけは言われたくないぞ(憮然)」
セバスチャン
「(ふと)……ETFにする場合、HDVとJDRのiShares米国高配当株ETF、どっちにするのかニャ?」
かに
「ああ、その問題もあったな。確かJDRの場合、NISA口座に放りこんでも配当に外国課税が30%だったな?」
シオン
「はい。HDVは10%で済みますので、差し引き20%、利回りにして約0.6-0.7%の差が生じますね」
かに
「ふーむ。利回り3%程度のところに、0.6-0.7%を差し引かれるのは痛いのう」
メルル
「シオン様。確かまだ、JDRの外国税額控除がどのようになるかが不明のままだったのでは?」
シオン
「そうですね。HDVにするか、iShares米国高配当株ETFにするかは、それを確認してからにしましょう」
かに
「よく分からんが、まだ情報が出揃ってない訳だな? ではその情報を待とうではないか」
セバスチャン
「どうせ米国株式は絶好調で、暫く投資機会は回ってきそうも無いもんニャ」
かに
「うむ。まあ何はともあれ、HDVやiShares米国高配当株ETFが十二分に有力な投資先だと確認できたのは収穫だったな」
アリア
「早く投資できるといいですね~♪」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/95-19b2ac11


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。