スポンサードリンク

最新記事

過去記事

ブログパーツ


最近のコメント

カテゴリー

相互リンク

このブログをリンクに追加する

格付け調査用リンク

書籍紹介

過去履歴

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

arrow TOPスポンサー広告>British American Tobacco PLC(BTI)の格付け 2014/9/12


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


前のページ /  次のページ  2014/09/12

British American Tobacco PLC(BTI)の格付け 2014/9/12

arrow TOP株式格付け>British American Tobacco PLC(BTI)の格付け 2014/9/12


■British American Tobacco PLC(BTI)の格付け


アリア
「昨日はあれから殻に閉じこもりっきりでしたけど、結局他の国の個別な株はどうするんです?」
かに
「……まだ投資方針を決めかねてる。が、格付けは粛々と続けよう。いつかどこかで役に立つはずだ」
アリア
「了解でーす。でも、次はどこの会社を調べましょう?」
かに
「それも悩みどころだな。HDVの構成銘柄は大体調べ終わったしのう。……ああ、そういえば気になっていたことがあった」
セバスチャン
「ニャ?」
かに
「たばこだ。たばこの世界シェアは、フィリップモリスが首位、日本たばこ産業が第三位だったな?」
シオン
「はい」
かに
「じゃあ第二位はどこなんだ?」
セバスチャン
「MOことアルトリアじゃないのかニャ?」
シオン
「いえ。アルトアリアはアメリカ専業ですので、世界シェア第二位は別の会社ですね」
かに
「それだ。第二位は一体どこなんだ?」
シオン
「英国企業である、British American Tobacco PLC(BTI)です」
かに
「ほほう、英国企業? ということは、外国課税は0%ってことだな?」
シオン
「そこだけピンポイントで押さえるのもどうかと思いますが、まあそうですね」
かに
「よしよし。では本日の調査対象はブリティッシュアメリカンタバコだ! 外国課税0%の配当を我が手に!」
セバスチャン
「……完全に外国課税がトラウマになってるニャ」
メルル
「どういたしましょう?」
シオン
「……まあ、調査はしてみましょう。先輩の言う通り、いつか役に立つでしょうから」
アリア
「そうだといいんですけどね~」


■基本情報
British American Tobacco PLC(BTI)
現在株価
$117.62
予想配当利回り
4.09%
実績PBR
10.04
予想PER
17.0%
市場
NYSE(ADR)
業種
生活防衛消費
サイズ
大型
自己資本比率
28.5%
企業の概要
・英国はロンドンに本社がある、世界第二位のたばこ製造、販売企業。
・代表的な銘柄はダンヒル、ケント、ラッキーストライクなど。


配当
EPS
(一株当り利益)
BPS
(一株当り純資産)
ROE
(株主資本利益率)
2003
1.29
2.31
 
 
2004
1.40
2.53
 
 
2005
1.57
2.98
 
 
2006
1.86
3.27
 
 
2007
2.21
3.62
 
 
2008
2.79
4.29
 
 
2009
3.32
5.10
 
 
2010
3.81
5.86


2011
4.22
6.49


2012
4.50
6.92


2013
4.75
7.22
11.72
61.6%
次期予想
4.81
6.91
 
 


当期利益(百万$)
流動負債(百万$)
発行済株式(百万)
2009
 
 
2,170
2010
 
 
2,169
2011
4,984
7,645
2,175
2012
4,721
7,847
2,160
2013
5,953
8,142
2,091


■格付け情報
平均配当性向
65.2%
配当成長率
13.7%
EPS成長率
10.5%
BPS成長率
???
ROE平均値
61.6%
負債返済年数
1.5年


シーゲルスコア
36/50
バフェットスコア
34/50
格付け
S+


アリア
「おー! マクドナルドに引き続き最高ランクのS+です♪」
かに
「スコアもマクドナルドに順ずる高スコアだな。というか、EPSの成長が右肩上がりの一直線ではないか」
メルル
「自己資本比率も、同業さんであるアルトリアさんやフィリップモリスさんより高いですね」
シオン
「そうですね。財務健全性に関しては、その二社より格段に上と言えるでしょう」
かに
「ふむふむ。そして配当利回りは4%弱。これが外国課税を引かれずに我が手に……ふっふっふ」
セバスチャン
「ザ、取らぬ狸の皮算用だニャ(呆)」
アリア
「……それにしても、たばこって儲かるんですね」
シオン
「儲かる、とは少し違いますね。参入障壁が高く、安定的なキャッシュフローが見込める産業、と言ったことでしょうか」
アリア
「……さんにゅーしょーへき?」
シオン
「同じものを作り、同じ商売をするためのハードルが高い、と言い換えれば分かりますか?」
アリア
「あ、それなら分かります♪」
かに
「ちょい待ち。なぜ参入障壁が高いんだ? たばこなんざ、極論すると紙で草を巻くだけだろ?」
シオン
「うーん。先輩はたばこを吸われないので説明し辛いのですが……。例えば、先輩は酒を嗜みますよね?」
かに
「うむ。日本酒党だ」
シオン
「では、ここに普段から飲まれる銘柄の日本酒と、聞き慣れない銘柄の日本酒があるとします。……どちらを飲まれますか?」
かに
「そりゃお前、普段から飲む方に決まってるだろうが」
シオン
「普段飲む方に比べて、聞き慣れない銘柄の値段が半分でも?」
かに
「おいおい。半額程度の値段で、吾輩を満足させられるかどうかも分からん酒に手は出さんよ」
シオン
「そうですよね。つまり、たばこも同じことなのです」
かに
「……むん?」
シオン
「たばこは、メビウスやマイルドセブン、マルボーロやケントなどのブランドが全てということです」
かに
「……成程。普段買っているブランド以外は目もくれない。従って、後から同じ商売を始めても、ブランドが浸透しないと」
セバスチャン
「参入障壁が高いってのはそーゆーことだったんだニャ~」
シオン
「あとは国内のケースですと、法律的にたばこ製造を行えるのは日本たばこ産業だけです。これも参入障壁の一つですね」
かに
「法に守られてるってのは強いな。しかもその法が仮に無くなったとしても、次はブランドという高い壁が控えている訳だ。ふむふむ」
アリア
「じゃあ皆が納得したところで、スコアの解説をお願いしまーす」
シオン
「はい。シーゲルスコアは、連続増配、高い配当成長率がスコアを押し上げています。ただし配当余力が少ないのは減点ですね」
かに
「ふむ。まあそれでもアルトリアより大分マシだな」
シオン
「バフェットスコアは、平均ROEが正確には不明なものの、EPSが高水準に成長しており、こちらも高スコアとなっています」
かに
「アリア嬢では無いが、たばこ業界ってのはしっかり成長してるなぁ」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



■投資判断


アリア
「投資はどうします? って、海外の株に投資するかどうかも分からない状態ですけど」
かに
「まあそうだな。だが仮に海外個別株に投資するなら、是非とも欲しい銘柄の一つだ」
アリア
「おー。決め手はどこですか?」
かに
「吾輩の野望の一つとして、世界たばこ企業ビッグ3には投資しておきたいのだよ」
メルル
「と言われますと……フィリップモリスさん、ブリティッシュイングリッシュタバコさん、日本たばこ産業さんですね?」
かに
「そうだ。この三社を押さえておけば、先進国は勿論、未開拓な新興国、特に中国市場が解禁されれば、大きな益を生むだろう」
セバスチャン
「フィリップモリスもかニャ? 確かこの会社、自己資本比率がマイナスじゃ無かったかニャ?」
かに
「……まあ、HDVの中だけでもいいんだがな。ただ、投資できる機会があれば、分散させた上で個別でも押さえておきたい」
アリア
「んー。じゃあ、日本たばこ産業にはもう投資してるから、あと2つってことですね」
かに
「そうだ。残るフィリップモリスと今日調べたブリティッシュイングリッシュタバコには、最優先で投資したいぞ」
セバスチャン
「でも、海外の個別株に投資するかはまだ迷ってるんだニャ?」
かに
「そーなんだよー。手数料がなぁ……。いやしかし、高い手数料を払ってでも配当の成長性を考えるとなぁ……(悩)」




アリア




「あらら。また殻に閉じこもっちゃいました」
シオン
「まあ、暫くは放っておきましょう。投資方針は、本人がよく考えなければ後悔が残りますからね」
セバスチャン
「このままだと、考えてる間に爺さんになっちまいそうだけどニャ」
シオン
「なお、この格付けは本ブログ独自のものです。自己責任の上で、投資の参考として下さい」




ブログランキング参加中 皆様の応援求む!  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  


コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://noloadtoshin.blog103.fc2.com/tb.php/96-8b84dcd4


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。